営業活動と気持ちを切り替える方法

いつも元気はつらつ明るい営業スマイルで客先を訪問しないと成績は上がらないので有りまして、暗い表情で営業マンにやってこれれたらこっちまで気分 が落ち込んでしまいますから、そーゆー営業マンには素早くお引き取り願うのですが、営業マンに限らず上手に気持ちを切り替えまして、明るい気分になりませ んとなかなか仕事はスムーズに運びませんよね?

とは言え会社では口うるさい上司が細々と粗を見受けて叱責を繰り返したり、訪問先ではお客が難癖を付けてきたりしますし、飛び込みの新規顧客開拓営業でしたらもう人 間として相手をされないで文字通りに追い払われるなんて事を繰り返し経験するのでありまして、慣れてしまうって方法が最善なのかもしれないですけど、やっ ぱりそれでも落ち込んでしまうことは人間でしたら時として出てきてしまいますから、そこでは素早く気持ちを切り替える方法が必要になってきますよね?

もちろん自分の気持ちですから根本的には自分の意志でしか無いのですけど、何らかの方法で気持ちを切り替えるスイッチを押してやるって 事が切り替えまでの時間を短縮する効果があると思います。

例えば何かを口にする事

ちゃんとした食事でも良いですし、まだ営業活動の最中でしたらコーラを飲んでもチョコレートを食べても梅干を口に含んでも何でも良いの ですけど、意外とこれは効果が有ります。

たぶん何かを口にすることによって脳細胞だか気持ちが少々そっち方面に動きを振り分けますので、気持ちが落ち込んでいる原因方面の思考 回路の動きが疎かになる結果だと思うのですが、営業カバンのポケットにでも何か気持ち切り替え用のアイテムを仕込んでおくのも手だと思います。

実は営業者の中で大声で歌を歌うとか般若心経を唱えるとか、好きな音楽を聞くとかその手のことは全てその落ち込む原因だったことから注 意をそらしてしまって、その隙にエイヤッと自分の心のスイッチを押して気持ちを切り替えるって方法になると思います。

でね特に営業マンは客先で緊張する事ですとか、飛び込み営業で嫌な思いをすることが多いのですから、ベテランの出来る営業マンほど客先 に訪問している時とそれ以外の移動時間などで気持ちのスイッチを切り替えるのが素早く上手なので有りまして、最初のうちはなにかアイテムに頼って気持ちを 切り替えていた新人営業マンも、時が経つと簡単に自分の意志で気持ちを切り替えることが出来るようになるのですよね?

朗読版