テリトリーとは

営業マンの売上を大きく左右する要素の一つ

平たく言えば受持区域の事ですし営業マンの縄張りって事になります。

テリトリーを与えられた営業マンは会社によっては名刺にエリアマネージャーなんて肩書きが新入社員でも刷り込まれることが有りますけど、縄張りを与えられた以上はライバル他社を追い払って一円でも多くの売り上げを上げることが使命になります。

法人営業の場合でしたら基本的にはベテランは大手企業が多い地域をあてがわれまして、新人営業マンは田舎の小さな商店を中心に営業活動を展開するってのが普通でしょうかね?

さてテリトリーを与えられた営業マンの売り上げを左右する要素として、勿論一番はアプローチ能力や商談折衝力やクロージング力などの総合的な営業力なわけですけど、もうひとつ自分のテリトリー内をどれだけ詳細に知っているかどうかって部分が有ると思いませんか?

抜け道裏道は当然の事と致しまして仕事中にサボれる場所、時間をつぶせる公園に長時間居座っても大丈夫な喫茶店やランチが安くておいしい店などテリトリー内ってのは自分の縄張りなんですからそのくらいの事を把握しておくと仕事の効率も上がりますし楽しくもなるのです。

さて野生の動物の中にはテリトリー(縄張り)を持つものが少なく有りませんが、彼らは外から自分の縄張りに侵入してきたやつは命がけで戦いまして追い払いますよね?

もちろんその戦いに破れてしまいますと自分の縄張りを奪われて流浪の旅に出なくちゃいけなくなりますから必至になるのですけど、営業の世界におきましてもここまでは無いにしろ、やっぱりライバル他社が入り込んできたら追っ払わないと逆に自分たちのシェアを奪われて島を明け渡すって事になってしまいますからね?

追伸

隣の芝生は青いなんて格言が有りますけど、実際問題テリトリーによる売り上げが上がりやすい地域と他社が強くて中々売れない地域とばらつきが有るのは確かだと思います。

でまぁ賢い管理職の人は売れるテリトリーに能力の高い営業マンを配置致しましてガンガン売らせて、営業能力に難が有る営業マンは売れないテリトリーに配置するのですけど、中には逆をやっちゃう人が出てきちゃうんですよね?

そんな事をしちゃいますと共倒れになる危険性が高いのですけど、何を思うのか売れない地域に能力の高い営業マンを投入して活性化しましょうって事なのでしょうけど、管理職ってのはいかに上手に人員を配置して最大限の売り上げを確保するかが大事なのでありまして、戦略を間違えてはいけないのです。

朗読版