日銭商売・現金収入

こうも景気が悪くなってきて知り合いの会社が気がついたら倒産していてなくなっていたなんて事が有りましたら、いくら売上が一応は上がっていて帳簿上は黒字になる計算でも入金予定日にちゃんと銀行口座の入金が確認できないと安心出来ないなんて経営者の方ですとか経理担当者の方は少なくないのではないでしょうかね?

私自身が過去に何回も入金予定日に予定していたお金が入金されなくて、慌てて請求先に催促の電話をしたり代金回収に出かけて行った記憶がりますけど、そーゆー時に思うのが現金先払いでの商売ですとか現金引換の日銭商売が羨ましいなって思うときが有りますね。

詳しい統計はわかりませんけど連鎖倒産ですとか予定していた入金が入ってこなくて不渡りになってしまったとか、本来入金されるべき売上が入金されなかったためにあえなく倒産してしまったなんて例はとてもとても多いと思います。

もちろん回収(入金)されるべき現金が全て予定通りに入金されても支払う経費の方が多くて行き詰まってしまう場合の方が多いのでしょうけど、掛売とか締め支払いの約定で商売や取引をやっている企業でしたら、少なくとも過去に一回は回収不能状態になって赤字を被った事があるのではないかと思いますが、私も粗利率を少々悪くしても現金商売と良いますか日銭商売に近い形に切り替えて行った方がどうも安全そうですので、現在切り替えの途中なので有ります。

まぁまさかお宅は回収が心配だから先払いで下さいねとは言えませんので、どちらのお取引につきましても先払いもしくは現金引換でお願いするってご案内しているのでありますが、なにせ仕事の半分が受託開発のウェブコンテンツ作成ですから、現金引換でも完成するまでお金が入って来ないことになってしまうので、基本的に先払いで回収してしまうので有りますがそれ徹底致しますと結構良いことが他にも出てくるのですよね。

厳しいところとしては先払いで代金をお支払いいただいた以上、納期をしっかり厳守しないといけなくなって立て込んでくると結構体力的に厳しかったり致しますが、そのお陰で有無を言わさず仕事の効率が上がったような気が致します。

それと売上を上げて翌月に現金が入ってくる状態ですとなんとなく、間違って貯金があるように感じてしまう場合が有ったのですが、そーゆーのがなくなって日銭商売に近い形に持って行きましたので何と言いますか多少は欲が出たような気が致しますね。