自動販売機のオーナー募集

これはフランチャイズチェーン展開とは違う話なのかも知れないのですが、昔から私が不思議に思っているオーナー募集の中で自動販売機のオーナー募集って奴があるのですが、今回のコラムではそんなことについて思う事を勝手に書いて見ようと思います。

で私の知る限りの情報では自動販売機のオーナー募集は、募集広告に応募してきたオーナー希望者に自動販売機を買い取らせて(高額の場合はリース契約が多いと思います)、基本的に設置場所もオーナーが開拓するか、オーナーの持っている場所に設置して、あとは定期的な集金や商品の補充をオーナーが行うって方式になると思います。

でオーナーさんは定期的に商品の補充をするだけで、商品の売上げから電気代や自動販売機のリース料金や商品の仕入れ減価分を差し引いた分が儲るって、誠に誰でも出来て儲る商売風なのですが、果たして実際はどうなのでしょうかね?

まぁそんなに簡単に商品の補充だけで利益を手に出来るのであれば、自分で銀行からお金を借りてでも自動販売機を設置すれば、わざわざオーナー募集の広告宣伝費をかけたり面倒な事をしなくても、そっくり自分で儲けを独占できると思いますし、確か聞いた話では自動販売機を置く場所として立地条件が良くて、売上げが相当見込めるような場所でしたら、無料で自動販売機を設置させて貰って、電気代と売上げの中から一定割合をバックマージンとして支払うような形の、ノーリスクのやり方もあるようですからね。

つまりその、疑問の元ってのは自動販売機のオーナー募集している企業ってのは、設置後に商品が売れて利益を計上することよりも、何より自動販売機をオーナーに販売することが目的のような気がするのですよね。(あくまでも個人的な感想です)

まあこれから自動販売機のオーナーになろうって人は、色々調べて熟考する事ですね。

追伸
日本は自動販売機大国なのだそうですが、治安が徐々に悪化しているようですと商品と現金が入った箱を、町中に放置している状態とも言える自動販売機は設置場所によっては、盗難の危険性はどんどん高くなって来ると思いますし、ジュース類でも玩具でも自動販売機を設置するって事は、ゴミの問題も考える必要が有るのですよね。

義務化はされていないようですが、やはり自動販売機を設置した場合には、空き缶を捨てるゴミ箱を設置することですとか、付近の道路に捨てられたゴミを掃除することですとか、現金を回収して商品を補充するだけでは駄目だと思いますけどね。