試用期間中の解雇について考える

私の知っている範囲での話ですが、採用試験を突破して本採用前に三ヶ月から半年程度の試用期間中に何らかの問題があって本採用を見送るとか逆に辞退するって事は非常に少ないのではないかと思いますが、その反面では使えない社員に頭を悩ませる経営者ですとか管理職の方が少なくないのでは無いでしょうかね?

思うに試用期間中は労働者の方も猫をかぶっていると言いますか、表面上だけはやる気を見せるような場合が有ると思いますし、企業の方もまだ試用期間中って事で無理な仕事を押し付けたりしないで会社に馴染ませるようなところがあって、試用期間中はいわばハネムーン期間みたいなものかもしれないですよね

それ以外にも人を採用するまでには求人広告を掲載したり、採用試験や採用面接を行ったり企業によっては素行調査などを行ったり膨大な手間とコストが掛かりますから、企業にとって一度採用した労働者を試用期間中に多少問題があっても、本採用を見送って解雇するとなりますと再度、募集広告を出したり採用試験や面接を行うなど、前回と同じだけのコストが掛かってしまいますし、同じような募集広告を出しても2回目の方が応募者が少なくなる場合が多いですから、人事担当者としても二の足を踏んでしまうのかもしれないですよね。

労働者に致しましても正社員の比率が下がっているって事はなかなか正社員での働き口がみつからなって状況でしょうから、せっかく採用試験を突破して試用雇用にまでこぎつけたのですから、大過なく過ごして正社員への登用を第一優先に考えるでしょうからね?

でね一昔前に人材の流動化とか人件費を固定費から変動費に変えるなんて動きがありましたが、あれは正社員比率を下げてパートやアルバイトにできる仕事はそっちに切り替えて行くような動きになったのですけど、そんな事を多くの企業がやってしまいますと、経済は縮小してしまいまして今の日本経済の姿が有るのではないかと思うのでありまして、そーゆー動きよりも適材適所とか天職とかそんな感じの動きにならないかなって思いますね。

採用にかかるコストの問題はもちろんありますが、企業も労働者も試用期間中にしっかりと見極めて気軽にってのは変な表現で違いますけど、不安や懸念が大きいようであればお互いに試用期間から正社員の登用を見送るって事が増えてきますと、適材適所みたいな事にならないかなとも思いますね。

ただまぁ実際には当たり!の労働者も企業もとっても少なくてどこかで妥協しなくてはいけないのが現実ですけどね。