ツテやコネでの入社や転職

人を雇入るって事は本当に難しいことで、なにせ他人の人生を左右してしまいますし、良い人材を獲得できれば会社の業績も向上しますが逆にロクでもない社員が在籍していますと人件費がかさむだけで下手すると会社が傾いてしまうのでありまして、特に会社の規模が小さいとそのあたりのリスクがとても高くなるのでありますから、経営者としてはとっても慎重になってしまうのではないでしょうか?

で今回のコラムがツテやコネによる入社なのですが、純然たる新卒採用でのツテやコネ入社以外にも何処かの会社が倒産して在籍していた社員を知っていたので声をかけて入社してもらったなんかも含まれるのではないかと思いますが、私としては会社の将来を考えるのでしたら最初から入社してもらう結果ありきではなく、採用試験を受けてもらって普通に求人広告を出して採用するのと同じように、ちゃんと能力なりを見極めてから採用に踏み切った方が良いと思います。

以前にも書きましたがなにせその社員をクビにするってのはとても大変な事でちゃんとした大義名分が必要になってきますし、使えない社員ってのは他に行くあてもありませんから簡単には止めない場合も多いですし、更にツテやコネでの入社であったりこっちから声をかけて入社してもらった場合になりますと、様々な人間関係とかが出てきまして退職してもらうのが結構難しいのでは無いでしょうかね?

ですからツテやコネで人を雇い入れるときにも慎重にしましょうねって思いますね。

それと逆に労働者としてツテやコネで入社する場合について書いてみようと思いますが、思うに条件面につきましてきちんと詰めてから入社しを決定する事は必須ですよね。

つまりその中途採用ですとか転職の場合などに多く言えるともいますが、うちへきて働きなさいよって言われただけで嬉しくなってその場で二つ返事で入社を諸諾してしまいまして、賃金とか労働条件については全く聞かされないまま入社してから始めて安月給の長時間労働って現実を知ることになる場合もありますからね。

もちろん会社が気に入らなくて退職を考えたときにもツテやコネの場合は紹介者のことまで考える必要がありますし、直接声をかけてもらって入社した場合もやはり、引っ張ってくれた人の事などを考えますと、簡単には辞表を出せない場合が多いのではないでしょうかね?

そんなわけでツテやコネでの入社や転職ってのも簡単で楽なようでいて、実は結構むつかしかったりするのではないでしょうかね?