FX取引に手を出すな

FX取引とは外国為替証拠金取引(Foreign eXchange=外国為替の略)で外貨の売買を行って為替の変動によって利益を得ようとする取引で、最近では随分と個人向けに各社が勧誘を行っていまして、個人の方がFX取引の世界に足を踏み入れようとされる方も多いのでは無いかなって思いますが、お金に余裕があって有り余ってやる事もないしどーしましょうって方以外は、FX取引には手を出さないほうが良いでしょうね。

まあ昔からばくちも株取引も元手(軍資金)が少なければ少ないほど損をする確率が高く、逆に元手(軍資金)が多ければ儲るまでゲームを続ける事が出来ますので、最終的には利益を確保出来るので有りますね。

まず、株取引の場合は株価が上昇していれば基本的に全ての人が利益を得る事も出来ますが(実際には無理ですが)、為替相場を利用した取引の場合はどちらかの通貨が一方的に上がり続けるって事はあり得ませんから、儲けた人と同じだけ損をする人が出てくる訳ですし、取引に関わる手数料も徴収されますから、一般の素人の方がにわか仕込みの知識で、FX取引に手を出すと財産を失うのが落ちでしょうね?
(為替相場には機関投資家、バンカー、プロの相場師など百戦錬磨、海千山千の玄人集が集まって取引をしている現場ですから、素人の一般投資家が充分な知識も無しに、入っていくのは軽装で手ぶらでチョモランマの山頂を目指すようなものではないでしょうか)

あとFX取引を始めますとレバレッジといわれる上げ底?下駄を履かして貰う取引が出来るようになったりしますが、レバレッジは良く言えば、証拠金を出せばその何倍かの取引が可能になる、つまり小資金でも少し大きな取引が出来るシステムですが、実際には一定以上の損失が出た時点で自動的に精算になる訳ですから、証拠金は損失が出る事を予見しての預かり金ですし、FX取引業者が取引額を大きくして手数料収入をより大きくするだけの、手法だと思うのですよね。

追伸
はっきり書きますと、儲ったら税金を支払うかも知れませんが、FX取引は単に日本円や米ドルなど通貨の交換を繰り返すだけで、何も生み出しませんし社会の役にも立ちませんし、無駄な取引で若干のCO2排出量を増やすだけで、全く意味もなく、まあ子供がトランプするのと同じレベルのマネーゲームでしか無いでしょうね。

退職金とか折角働いて貯蓄したお金であれば、増やしたいって気持ちは充分に分かりますが、ネギをしょって調理場に入っていく鴨の役にはなりたくないですよね?