先行投資

企業経営において先行投資ってのは大切で有りまして、利益の中から又は金融機関から融資を取り付けても一定の先行投資を行っておく必要が有ると思い ます。

この先行投資ってのは人材であったり、設備であったりと形は様々で有りますが、先行投資に失敗しますと企業経営に大きなダメージを与 えてしまう場合もありますので、なかなか思い切って先行投資を出来ない経営者の方も多いのでは無いでしょうか?

人に投資って場合では未来の ために人材を確保して、社員教育に力を入れてって事になりますが、資金もそして何よりも半年、一年と継続しないとなかなか実績に結び付いてきませんね?

そ れに折角、時間をかけて育だててきた社員がやっと一人前になってきたと思っていたら、ライバル他社に転職してしまったりなんて事も実際に有 ると思います。

設備に投資する場合でも、先行投資によって導入した設備が役に立たなかったり、需要増を予測しての設備増強などでは予想が外れてしまって投 下した資金が無駄になってしまったり、金融機関からの借り入れだけが残ってしまったりする場合もあります。

そんな事を読んでいたら先行投資 をやる気がしぼんでしまうかもしれませんが、失敗をノウハウに変える事が出来る経営者こそが、やがて大胆かつ効果的な先行投資を行う能力が備わってくるっ て思っています。

少し話は変わりますが、企業経営における先行投資ってのは経営者の醍醐味っていいますかたぶん他のどんな遊びよりも、スリ ルと成功した時の喜びが大きい作業じゃないかってって思いますね?

だから多くの経営者は成功を夢見て先行投資に資金を投下するんじゃ無いで しょうか?

追伸
私自身、先行投資って部分では圧倒的に成功事例が少なく上手くいかない場合が多いのですが、やりたいことってのの種 は尽きないんですよね。

ただ、私の場合は先行投資が成功するのがそれ程、多くないのです。