破産と夜逃げ考

フランチャイズシステムに加盟して独立開業を考えている段階で、最初から経営に失敗して借金だけが残ることを考えている人は希だと思いますが、実際の所では自分一人で独立開業した場合でも、フランチャイズシステムを利用した場合でも、成功率に大きな違いがある訳でもなく、開業後5年経った時の生存率は半分にもほど遠いようですから、どんなに経営感覚があって努力しても、10円玉を空に放り投げて表が出るくらいの成功率でしか無いのではないでしょうか?

でね、資金が潤沢にあって少々失敗しても生活に困らない人はどうでも良いと思いますが、多くの方がそれほど経済的に恵まれている訳ではないと思いますので、失敗したときの事も考えておく必要が有るのではないでしょうか?

その為には、絶対手を付けてはいけない、まとまったお金を準備しておくとか、親族など保証人が必要な契約であればそれは絶対に避けるとか、最初から見切りを付けて撤退するラインを考えておくとかの準備や心構えは必要でしょうし、フランチャイズに加盟して独立するのでしたら、目論見通りに売上が確保できなくて生活に困った時にどうするのかを、確認して置く必要が有ります。

加盟店集めにしか興味がないフランチャイズ本部は根拠のない夢のような収益予測を出して勧誘してきますが、それにほど遠い結果になっても責任を取る本部は非常に希で、逃げるか責任を加盟店に押しつけてくるだけか、経済状況が変化したの一言で、一切の責任もフォローもしない場合も多いと聞きますので、最悪の状況を考えて契約書や覚え書きを交わしておくことは必須ですし、それを拒否するようなフランチャイズ本部とは絶対に契約してはいけないでしょうね?

まあ独立に向かって高揚している方には何を言っても無駄かもしれ無いのですが、実際の所、コンビニを始めとした各種フランチャイズオーナーの中には、経営不振で借金がかさんで、どーにもこーにも首が回らなくなって、一家離散、夜逃げなど悲惨な状況は多発しているのが現実ですから、最初から考えて準備しておくに越したことはないのです。

まあフランチャイズに限らず、一人で独立開業しても成功率はとても低く、失敗して路頭に迷う可能性が非常に高いのが日本ですが、セーフティネットや再チャレンジの仕組みや状況が全然出来ていないのが現状ですから、自分で準備しておくしか無いのですよね?

そーゆー事まで考えておける経営者はとても強く、成功する確率が高いのではないでしょうか?