黒字倒産とは

黒字倒産って言ってもピンとこない人が多いかも知れませんが、実際に黒字倒産は起きているので有りまして、今回のコラムではそんな事を書いてみようと考えています。

よく言われる事ですが、企業ってのはいくら赤字を計上していても資金が回っていれば倒産しませんし、逆にいくら黒字になっていても資金が回らなくなれば活動できなくなって、倒産まで辿り着いてしまうと言われていますね?

黒字倒産の原因としては、例えば資金回収の事が挙げられます。

これは回収率の低下や回収期間の2つに分けて考える必要が有るのですが、企業が商品やサービスを販売した場合に帳簿上に計上されるのは実際に代金が回収できた時ではなく、商品やサービスを納品したり、提供が完了した時に計上されるので有りまして、まだ現金を手にしていない状態でも、帳簿上は売り上げとして計上されて、その利益が黒字になってくるのですが、実際に現金が入ってくるのは先の話なのですよね?

変な話、販売先が倒産してしまえば損金として経費計上出来るかも知れませんが、のらりくらりと支払いを渋られたりしますと、仕入先には支払は出てくるし資金が回らなくなってきますし、相手が長期の手形であったり支払期日を延ばされても同じように、資金繰りが悪化してくるので有ります。

例えば100万円の売り上げが有っても、入金が半年先でそんな売り上げ計上が毎月有ったとしたら、100万円×6か月間で600万円の資金的余裕が有りませんと、資金繰りが行き詰ってしまうので有ります。

売上集計だけを眺めていて、儲かっていて嬉しいなって思っていたらいつの間にか会社の口座は人件費の支払いや固定経費の支払いでどんどん資金が減って行って、資金繰りがつかなくなる、黒字倒産って事も現実には沢山あるんですよね?

更にもう少し黒字倒産について書きますと、黒字=税金を支払うって事で有りまして、例え倒産して回収できなくなって1文無しになっても税金だけはしっかり追いかけて来る訳です。

赤字倒産で有れば税金は少ないのですが、黒字倒産で有れば時としてたっぷり税金は追いかけてくるので有りまして、時として黒字倒産のほうが後が大変なので有りますね。

追伸
頑張って頑張って赤字倒産と、資金繰りをちゃんと考えていなくて黒字倒産とどっちが偉いでしょうかね?
経営者で有れば先を考えて、先行き危ないと思ったら早めに手じまいする勇気も必要なのかもしれませんが、取引先や従業員の雇用を考えますと、簡単に決断は出来ないんですよね。

それに経営が全く分かって無い人に”黒字倒産”しましたって言っても黒字なんだから倒産なんてする訳無いだろうって言われてしまうのが落ちでして、中々赤字倒産よりも奥が深いのが黒字倒産かもしれません。