コロッケのコロちゃん自己破産(倒産)

穏やかなる夏の暑き午後、コロッケのコロちゃんが自己破産(倒産) したってニュースが流れてきました。
実はファンって程では有りませんが、油で揚げたいわいる揚げ物の類が大好きな私は、(車の)通り掛かりにコロちゃんがあると必ずと言って良いほど、2-3 個購入して食べていましたが、知っているコロちゃんの店舗(茂原、千葉市緑区)が次々閉鎖していましたので、なんとなく先行きの予想はしていましたが、と うとう現実になってしまったようですね。

巷の掲示板などで破綻の原因は色々書かれていますが概ね次のような内容に分類されるのでは無いで しょうか?

■商品単価が安く、どんなに売れても決して大きな利益が出ない販売品目では無理があった
■ミートホープ社の事で影響を受 けた
■フランチャイズ本部の戦略や経営ノウハウが足りなく、勢いだけで拡大させてしまった。
■元々単品商売で最初から無理であったが、加 盟金の回収でしのいでいたのが実態

他にも少数意見はありましたがまあ上記のような所だと思います。

私はフランチャイズっての は否定的な考えを持っているのですが、そもそも儲かる商売で有れば自社展開すれば良いので有りまして、自己資金が無くなって儲かるってバックボーンが有れ ば銀行だって融資してくれると思うのです。

それをまあ、如何にも経営ノウハウがあるって宣伝してフランチャイズ展開をかけていって・・・・多くの加盟店が夢半ばで去っていったのでは ないでしょうか?

追伸

フランチャイズ本部の倒産は多くの加盟店に甚大な被害を与える事になるのですが、安易な考えでロクなノウハウもないままフランチャイズ加盟 店を集めて事業を拡大しようとする業者が後を絶ちませんね。

勿論、加盟する側も事前の調査などが不可欠なのですが、フランチャイズ本部が正直に情報を公開しない事には、それもかなわないって事になっ てしまいますからね。

あまりに杜撰な経営で倒産するフランチャイズ本部に対しては、訴訟などの措置を講じる事も時には必要なのでは無いでしょうか?