Windows7の導入

何故か?とっても評判が悪かったWindowsVISTAの導入を先延ばしにしてWindowsXPで快適なパソコンライフを送っている企業も個人も多いのでは無いかと思いますけど、WindowsVISTAを導入しないまま、更にその先のWindows7が発表されてしまったわけですが、私を含めましてWindowsXPからVistaに乗り換える必要性を感じている人はとっても少なくて大部分の人はXPで十分だって考えているのでは無いでしょうかね?

まぁWindows7を導入するメリットが有れば考えるのではありますけど、セキュリティの向上って言いましてもはっきり言ってWindows単体使用でウィルス対策ソフトを導入しないでパソコンを動かしている人は皆無で、みんな何らかのウィルス対策ソフトを導入して使っていますから、OS本体のセキュリティ機能が上がってもあまりメリットは感じないのですよね。

それに根本的にですよWindowsってのはOSつまりオペレーティングシステムと呼ばれる、パソコン本体とソフトや入力機器の間で働く縁の下の力持ち的要素が強いはずなのでありまして、パソコンを購入するって事は別にWindowsが使いたくて購入するわけでなく、ワープロとか表計算ソフトを使うとかホームページを作成するとか、ちゃんとした目的が有ってパソコンを買うのでありますから、正直言ってOSなんてのは目立たない存在であるべきで、OSを取り替えたら今まで動いていた業務ソフトが動かなくなったなんてのは本末転倒の話では無いでしょうかね?

そりゃパソコンメーカーだって家電販売店だって、何かしらのパソコン入れ替えの動機になるようなソフトの発売がなければ、売上げの確保が出来なくて業績が低迷してしまいますから、業界上げてWindows7 を応援するのは当たり前の話だとは思いますけど、所でOSを入れ替えたらどのようなメリットが有るのって答えを明確に提示して欲しいところですよね。

入れ替えたお陰でプリンターが動かなくなったとか、スキャナーの調子が悪いとか、今まで快適に使用していたソフトが動かなくなったとか、パソコンの動作が重たくなってメモリーを増設しないとまともに動かなくなったとか、操作体系を変更されてしまって操作に時間がかかるようになって効率が落ちたなんて事を、毎回やっているようではそのうち何処かでしっぺ返しを食らうのでは無いでしょうかね?

個人的にはWindows98でも充分じゃないかと思っているのですけどね。