売れるホームページ制作

一応私もホームページ作成業者の端くれでかれこれ過去十年間で400を超えるサイトを公開してきましたので、たまには気になって他のホームページ制作業者さんつまり同業者のホームページを閲覧することもあるのですが、売れるホームページ制作しますとか売上が伸びるホームページ作成しますとかその手のホームページ制作代行業者のサイトが随分と多いので有りまして、今回のコラムではそんな事について思うところを書いてみようと思います。

さてインターネットが一般に広く普及してきまして仮想店舗でのお買い物も珍しくも何ともなく、不況でも売上は右肩上がりを維持しているのでありますが、インターネット上に店舗を展開しているショップオーナーはみんな売上を確保するのに本当に苦労して努力していますし、別に物品を販売していないホームページの管理者の方も来場者の確保や維持向上に結構苦労しているのでありますが、そーゆー現状で売れるホームページ作りますとか、どんどん来場者が増えるホームページ作成しますなんてのは頭の中がお花畑なのか、単にハッタリだけで勝負しているのか売れてしまえば後はどうなろうと関係ないと思ってるのか、もしくは本当にカリスマ的天才的なホームページ作成スキルやノウハウを持っているかどれかってことになるでしょうね。

まぁ売れるホームページを作れるのでしたら宝石でも金融商品でも美容関係でも何か粗利率のうんと高くて、簡単には売れないような商材をホームページ上で販売すれば競争相手も少ないし他人のサイトを作っているよりも儲かると思うのですが、流石にそーゆー無謀なことはしないのでしょうね。

で先日の事ですが同業者の方と食事をしながら会話する機会が有ったのですが、その手の話題に話が進みましていろいろと話しをしたのですが、どーもその売れるホムページ作りますって言葉に飛びついてホームページ作成を依頼する人ってのは既にホームページを公開中だけど売れなくて困っている人が多いらしいって事でした。

ホームページ上で物が売れるかどうかは、販売している商品に関わる要素とサイトの新規アクセスとリピーターの獲得とホームページの使い勝手など結構広範囲の要素が有りまして、そのうちの一つでも駄目ですと苦戦するんですよね。

ですからホームページ作成業者を変更しただけで売れるようになるとは限りませんし、そーゆー様々な売れるための要素を無視して安心してお任せくださいなんて業者は私の経験上ですが一番安心出来ないので有りまして、最も警戒しなくちゃいけない業者じゃないかなって思いますね。