ウインドウズXPサポート終了時期

予定では2014年4月にウインドウズXPのサポートが打ち切られれることがマイクロソフトよりアナウンスされてますが、たぶん今現在ウインドウズXPを利用している人の過半数が、ベージョンアップする必要は全く感じていないと思いますし、中には別に自分はマイクロソフトからサポートなんて受けていないから構わないなんて考えている人もいらっしゃるかもしれませんね。

御存知の通りマイクロソフトのOSサポートは電話やメールでのサポートも有りますがこちらを利用する人は極少数なのが実態で、基本的には定期的なセキュリテー修正をネットを通じて行っているサポートが終了するって事ですよね。

それに各ソフトメーカーにしてもウインドウズXPのサポートが終了する前にXP対応ソフトの販売を取りやめると思いますから、いつの日にかは否応なしに元気に動いているウインドウズXPにお別れする日が来てしまうのですが、折角使い慣れてなんの支障もなく使っているユーザーからしてみれば再延長を求めたいところです。

思うに数有るパソコンのソフトウエアーの中でもOSと言われるウインドウズのような基本ソフトだけがサポート終了期間が問題になってきて、他のソフトに関してはそれほどサポート終了など気にしませんし、OSの変更などでいよいよ使えなくなった段階で、仕方が無いのでバージョンアップを行うかもしくは、本当に次期バージョンの機能アップに払うお金が無駄じゃないって思ったときに自らバージョンアップを行うのでは無いでしょうか?

ところが私以外にも多いと思いますが、どうもウインドウズに限って言えば、自ら積極的に次期バージョンに変更する人は非常に少なくて特にマシンスペックの問題が大きいと思いますが、パソコン本体を買い換えるとき以外に、使っているパソコンのウインドウズを入れ替えるって人は一般の人には先ずいませんし、やるのは一部のパソコン知識が高い人だけではないでしょうか?

つまりウインドウズだけは何だか追い立てられるようにサポート終了期間がやってきて仕方が無いのでパソコン本体も古くなってきたので入れ替えるかって感じの消極的な入れ替えが多いような気がしますね。

まぁそうでもしませんとハードメーカーやソフトウエアを作っている多くのメーカーが売上を確保出来なくなってしまうのかもしれませんが、また変わった操作を覚えなくてはいけないとか、余計な機能が追加されて使いにくくなったとか、なんだかんだで不満の方が先に出る場合が多いと思いますね。