フォントが消えていく減っていく、Windowsトラブル発生

フォントつまり書体の事ですが、何台か使っているパソコンの一台が徐々に本当に徐々になんですが、フォント(書体)の使える種類が減ってきたのです。

マイコンピュータ→コントロールパネル→文字フォントを開けるとちゃんと200種類近くの書体が入っていることが確認できるのですが、 ワープロとかで字体を選ぼうとすると20種類くらいしか選べなくなってしまいました。

最初、文字フォントがおかしくなったのかと思い他のパソコンからLANで文字フォントを持ってきてフォルダにコピーしてみましたが直り ません。

フォントフォルダーには入っていますので認識されていないようです。

仕方がないので知り合いに聞いて直りましたので、後でまた同じ症状が出たときに忘れないように書き記させていただきます。

先ずは、セーフモードで再起動してみます、私のWindows98の場合はコントロールキー(Ctrl)を電源を入れて立ち上がった直 後に押しっぱなしにするとセーフモードで立ち上がってきます。F8キーの場合も有るそうです。

運が良いとセーフモードで立ち上げただけで直るらしいのですが、私の場合は直りませんでしたのでさらに次の作業へ進みます。

エクスプローラを開いて(スタートボタンの上でマウスを右クリックするとエクスプローラが出てきます)Windowsフォルダ内にある ttfcacheを削除。
なんでも、フォント情報のファイルだそうで削除は怖いのですが、なければ再度作成されるそうで、やらなきゃ直らないので、思い切って削除。

削除したら再度セーフモードで起動してみる。

ここまでやりまして、やっと無事インストールされている文字フォントが全部出てくるようになりました。

余談
ホームページを自分で作られている方もいらっしゃると思いますが、変なフォントは使わない方が良いですよ、自分のフォントが入っているパソコンではちゃん と表示されると思いますが、ホームページでいろいろな書体(例えば毛筆体とか)を使っても、閲覧する人のパソコンにフォント(字体)がインストールされて いなければ標準の書体でしか表示されませんからね。

まあ使用するフォントを気にして使っている人は非常に稀な存在だとは思いますけどね。