日傘男子

ちゃんとした調査に基づいているのか業界が糸を引いて流行らせようとしているだけなのか私には分かりませんが、男性の間でも日傘を愛用する人が増えている?のだそうです。

まぁ酷暑日ですとか猛暑日の熱中症対策には有効でしょうし、別に日傘は女性のみが使うと法律で決まっているわけでも有りませんから、男性が日傘を愛用しようと個人の自由なわけですけど、混雑した往来をみんなが日傘をさして歩いているのは不思議な光景だと思います。

さて今回の日傘男子って言葉を聞きまして思ったことを書いてみることに致しますが、そのお日様ってのは別名ではお天道様と呼ばれまして崇め奉られる存在で悪者にされる事は一切なかったと思うのですけど、何だか太陽光に対する風当たりが強くなっているような気がしますね。

産業の分野では太陽光発電装置ですとか、お日様の光をもっと利用しましょうね方針が進んでいるわけですけど、小学校の日焼けコンテスト(実は私が小学生の頃はク●ンボ大会って呼ばれていました)なんてのはとっくの昔になくなっていますし、幼児に関してもあまり直射日光に当たらないのがデフォルトだと聞いたことが有ります。

でね思うのですけど、太陽光線に限らず避けて接触しないように致しますと当然ですけど今回の場合は太陽光に対する対応力や刺激に弱くなってしまいまして、それでまた更に避けるようになってって感じでどんどん適応力や耐性が弱くなっていく方向に向かっていってしまうと思いませんか?

思うに太陽光を浴びて農作物は元気に作物を実らせ、屋根の上では太陽光発電パネルが電気を発電して生活を豊かに致しまして、人はお天道様の元で日の光を浴びて元気に生活するのが正しい姿では無いでしょうか?

だって他人が見ていなくてもお天道様がちゃんと見ているなんて諺が有りますけど、外に出る時まで日傘をさして歩くようじゃお天道様から見えないじゃないですか!

そんなわけで日傘男子が余りに増えるのもどうかと思いますし、やっぱり日本男児の正しい夏のいでたちは日傘じゃなくて麦わら帽子か野球帽ってのが正しい姿では無いでしょうかね?

追伸

そう言えば野球帽をかぶったお父さんは全くと言って良いほど見なくなりましたし、麦わら帽子を夏の定番ファッションにしている男性も少なくなったと思いませんか?

麦わら帽子は風通しが良くて蒸れませんし、軽いですし麦わらを使って環境にも優しいですし、アニメのワンピースが流行っている割に麦わら帽子があまり流行しないのは何故なのでしょうかね?