国の借金と個人の借金

ついにと言いますか谷垣総裁の援護射撃によって野田総理はまんまと増税法案を可決させて、さぞや財務省のお偉方にお褒めの言葉を頂いたのでしょうけど、どーもいろいろな情報を集めてみますと国の財政状態は大手マスコミや御用学者が言っている状態とぜんぜん違うようなので、今回のコラムではそんな事を書いてみようかと思います。

さて、風の噂では国の借金は1000兆円になったとの事なんですが、いったい誰がどこからお金を借りてきたのでしょうか?

まぁ我々に見えない日本国って生命体が存在して、そいつがどっかの消費者金融に出かけていってお金を借りてきているって事じゃないらしいですし、このままじゃ借金で日本が破綻するって騒いでいる御用学者の方もいらっしゃるようですが、いったい日本が誰に(どこから)お金を借りていて、どっからか取り立ての電話でもかかってきているのでしょうかね?

でね、信頼すべき正しい情報ではどうもこの日本の借金が大変だってのは眉唾もので、実は国の借金イコール国民の資産なんだそうですね。

もう少し噛み砕いてっていつも噛み砕きすぎてなんだかわからなくなってしまうのでありますが、まず借金をしていのは国って言うよりも日本国政府だって事です・・ここまではいいですよね?

その政府が借金をするってのは国債を発行してお金を手にするんですが、国債を購入しているのは約95%が日本人でありまして更に国債は100%が日本円で発行されているので有りますから、日本国政府がどっかの外国の銀行とかサラ金にいって借金しているわけじゃないんですよね?

つまり国の借金って言われているのは実は日本国の資産と言っても過言じゃありませんし、又は相殺されてしまう・・・あのここで異論が出そうなのでもう少し書きます。

国(日本国政府)と個人の借金の大きな大きな違いは、個人は自分で通貨を発行することが出来ませんけど、独立国家であれば造幣局を稼働させましてお金を発行できるってことなんですよね。

ですからもしね、みんなが借金をいまぐ返済してちょ!返さないと娘を借金のかたに貰って行くからねって言い出したとしても、番頭さんが「わかりました、じゃ造幣局に電話しときます」ってにっこり笑って返済しちゃえばいいって事なんですってね。

いったいどこに番頭さんが居るんだかそのあたりは謎ですけど、いまの日本は徹底的にデフレ不況で円高不況なんですから、お金を刷って世の中に現金が出回ればインフレになってデフレ脱却ですし、円安方向に向かいますしなにしろ増税なんてしなくっても名目GDPが増えれば財政は健全化するんですけど。