債務圧縮交渉

今回のコラムでは債務の圧縮における金融機関との交渉方法について思う所を書いてみようと思いますが、まず相手(金融機関)は1円でも多く回収するのが仕事ですし、単に払わないとか、負けてくれって言っても簡単に交渉に応じる訳もなく、素早く法的な手段によって回収に走られてしまう場合も多くなってきてしまいますね?

まず交渉の相手ですが、借金をた直接の金融機関の場合もありますし、債権譲渡を受けた保証会社の時も有りますし、更に回収不能債権を二束三文で買い取ったサービサーの場合も有りますが基本はどこに対しての交渉方法も同じだと思います。

その交渉方法とは、相手にとって最善の策だと理解して貰える返済方法を提示するので有りまして、例えばここで自己破産されてしまって、殆ど回収が出来なくなってしまうよりも、債務を圧縮したり支払方法を変更や減額する事によって、自己破産よりも多くの債権が回収できる見通しを元に交渉する形になるでしょうね?

特に住宅などの資産を持っている場合に、住んでいる家を守って借金問題に解決の道筋を付けたい場合などの場合ですと、回収する側としてはてっとり早く法的手段に出るなりして、競売等で自宅を処分させてしまいまして、まずはある程度まとまった一定額を回収してしましまして、残った残債を改めて計算の上、取れるだけ回収するのが一番多く債権を回収できると考えたとすれば、営利企業の行動の原則によって粛々と手続きを踏んでくるのは債務者の方にも理解が出来るでしょう。

そんな場合におきましても、自宅を残した上で返済していく方法や計画を考えて行く必要が有るのでして、例えば自宅を競売で処分しても大幅に債務が残ってしまう上、自己破産してしまうので、それ以上回収が望めないが、自宅を手放さないで、こんな計画でより多くの返済が出来るとかの交渉が必要でしょうね。

ただ、相手は百戦錬磨の債権回収担当者ですから、生半可の知識や根性では交渉のテーブルもついて貰えない可能性が有りまして、そんな時には費用をかけないで自分で債務圧縮の交渉をするので有れば、自分で裁判所に申し立てて、特定調停って方法が有ります。

特定調停では裁判所で間に調停委員と呼ばれる専門家が入って今後の支払い方法や減額、債務の圧縮などについて双方の意見を聞きながら調整して解決に向けて話し合いの手助けをしてくれますので、利用するのも良いでしょうね?

もしくは債務整理に強い弁護士を探して、一任してしまう方法もありますが、この場合にはある程度の費用がかかってしまいますので、債務の額と相談して決めるのが良いでしょうね?
法テラスですとか、無料相談会のような無料で債務整理の相談が出来る窓口や行政支援も徐々に充実はしてきていますので、それらを探してまずは相談してみるのも良いでしょうね。