借金したい企業ばかりじゃないのでは?

緊急経済対策とか中小企業の資金繰り支援ってやつが不況時には出て参りますが、そうすると決まって低利での融資を借りやすく致しました的な政策なのですが、個人的な感想から言いますと不景気で売上げの低下が始まって体力が落ちてきた状態で、半分くらいは低金利の融資を有り難いって思うと思いますが、残りの半分くらいの企業においては、これ以上借金を増やしてしまっては二度と立ち直れなくなるので、現在借り入れ中の資金の返済猶予(リスケ)や、低金利融資への借り換えや場合によってはスムーズな事業清算の手助けをしてもらった方が良いって思っているのでは無いでしょうか?

つまりその、企業の経営に対する考えにも色々有って、借りられるだけ資金を借り入れて事業の拡大を考える経営者もいれば、反対に石橋を叩いて渡るタイプの借金を嫌って無借金経営を旨とする又はそれを目指す経営者もいる訳ですし、無利子の場合を除いて低金利であってもやはり利息の支払いは発生するのですから、借入金を増加させるって事は即ち利払いの金額が増加して更に経営を圧迫するって事にもなりますからね。

ですんで私が思うに倒産回避のために必要最低限の資金を貸し出すのは良しとしまして、中小零細企業の借金を出来るだけ増やさないように、例えば税金や社会保険の支払いに猶予期間を設けるとか、分割払の相談に乗るとか現在借り入れ中の資金の返済について1年間は利息のみの支払いにしてとか猶予する事をやりやすくするとか、色々方法は有る訳でどんどん税金を使って貸し出してしまえば良いって事では無いと思うのですよね。

それとね資金の貸し出しによって単に一時的に倒産時期が前に延ばされただけって事も安易に貸出枠を広げていますと出てきてしまうと思うのですが、そーゆー場合は無駄に借金を増やしただけの経営者と回収不能の債権を作って税金をどぶに捨てた国って事になるのですから、貸し出す一方じゃなくて時には逆に出来るだけ被害を最小限にして事業清算や倒産の道も考えておいて専門の弁護士でも手当てした方がただ資金貸し出しするよりも良いのでは無いでしょうかね?

まあ厳しい事を書きますと資金繰りに窮して倒産を回避したい一心の経営者の心理なんてものは、兎に角目先の支払いを乗り切るのが最優先事項で、その為に借金を増やして更に資金繰りが苦しくなるなんて事は二の次三の次の話で殆ど考えて居ない場合が多いのではないでしょうかね?