損益分岐点

フランチャイズに加盟するにしても、一人で独立稼業するにしても一番にチェックすべき項目は損益分岐点ではないかと思いますね。
どんなに粗利率や利益率が高くても、ロイヤリティが低くいフランチャイズシステムでも、毎月の損益分岐点を超えるだけの売上が確保出来なければ、赤字経営って事になりまして、最悪の場合は夜逃げや一家離散って事になってしまうのでありまして、収益モデルを見せられても鵜呑みにする事は禁物で、まずは損益分岐点を確認して自分でもチェックする必要が有るのではないでしょうか?

商売や経営は損益分岐点があってそれを超えた時点で初めて利益が出てくるのでありまして、単純に粗利益だけで喜んでいると後から予想外の税金の支払いでギブアップ(税金倒産)してしまったり、社会保険料の支払いに困ったり、結局は赤字経営だったって事になってしまう場合も少なくないのです。

私が思うにはフランチャイズ加盟に際して、甘い収益モデルが示される場合は多いと思いますが、しっかり計算された損益分岐点の提示をしないフランチャイズ本部が追いような気がするのですが実際の所、どうなのでしょうか?

フランチャイズシステムに加盟するにせよ自分で独立開業するにせよ、まずは人件費(勿論オーナーの人件費も含めて)や地代家賃、税金に光熱費、ロイヤリティに税金、それから税理士への支払いや広告宣伝費、通信費など実際に営業をして経営者になってみると、まあ予想を遙かに超えた出費が出てくるのでありまして、考えられる全ての経費を積み上げて、それにオーナーとしての利益を上乗せして、それをペイできる状態になるための損益分岐点を把握する事が必要になってきます。

そこで初めて損益分岐点を上回る売上を毎月コンスタントに計上できるかどうかを、販売単価や回転率や市場性を元に考えていく事になりますが、決して希望的な観測をしない事でしょうね。

フランチャイズへの加盟に限って言えば、この辺りの緻密な損益分岐計算が出来ていない本部は信用してはいけませんし、本部が損益分岐の計算書を出してきたら自分でも経緯に漏れがないかまずは必要経費について考えてみる必要が有りますね。

売上高に関しても、販売単価や回転率、客単価、原価率を考えて本当にクリアできるだけの売上を確保出来るのかよく考えて、少しでも自信がなければ、またの機会って事で話は白紙に戻した方が良いと思いますね。

なにせ商売や営業が始まってしまえば、競争の社会で赤字になっても誰も助けてくれない世界ですからね。