債務整理にかかる費用

借金が嵩んで返済不能になった場合の話ですが、払えない借金を放置しておいても金利が嵩むだけですし、いつまでも催促や取り立てに追い立てられるだけですので、さっさと解決に向けてのスタートを切る必要が有るのですが、お金が無くて債務整理をしようと考えても、債務整理を行うのにも費用が必要になってくるので有りまして、費用を聞いただけで諦めてしまう人もいらっしゃると思いますが、最近では救済の道も開かれてきていますので、参考までにお読み頂ければと思います。

債務整理にかかる費用をかけないで整理したい場合は債権者に対して直接出向いて交渉する方法は有りますが、この方法では交渉のテーブルに着く事すら出来ないと思いますので、債務整理の方法別に債務整理にかかる費用を書いてみようと思います。

■自己破産
弁護士に依頼しないで自分で申し立てを行う場合   30,000円程度
収入印紙代(1,500円)、余納金(1-20,000円)、切手代(借入先の件数によって変動します。)
弁護士に依頼する場合
上記費用にプラスして20万円~30万円程度  弁護士事務所によっては分割での支払が可能な場合も有ります。

■特定調停
弁護士に依頼しないで自分で申し立てを行う場合  10,000円程度
収入印紙代 借入先×300円 切手代(借入先の件数によって変動します)
※基本的に専門家に依頼しないで債務者が廉価で債務整理が出来るようにしている制度ですので自分で行います、弁護士などの専門家に依頼する場合は15万円~の費用が発生します。

■民事再生
弁護士に依頼した場合  25万円~30万円程度+20万円程度
弁護士費用に加えて再生委員報酬への報酬や印紙代が必要になります。

以上が大まかな債務整理にかかる費用になりますが、債務の状態や内容によって、最適な債務整理の方法は違ってきますし、依頼する弁護士などの専門家によっても見解が分かれる場合が有ります。

債務整理を行わなければならない状態ですので、普通は手持ちに現金が無い状態で有ると思いますので、自分で自己破産や特定調停を裁判所に申し立てれば少額の費用で債務整理が可能ですが、諸事情により専門家の力を借りる必要がある場合、弁護士事務所によっては、分割払いに応じてくれる所もありますので、複数の弁護士事務所に相談してみるのも良いでしょう。

また国でも債務整理にかかる費用が無い、多重債務者救済対策として法テラスなどで無料相談を実施していますので、全くお金が無い場合は法テラスに相談してみるのも良いでしょうね。