スタグフレーション

どうやら日本はスタグフレーション状態の不況になってしまったようで、この状態は借金を抱える債務者にとっては一番厳しい状況になってしまったと思いますが、スタグフレーションとは、物価の上昇と通貨の縮小が同時に起きる状態で有りまして、インフレでは物価が上昇いたしますが、この場合は貨幣価値の減少が同時に起きている状態ですので、市中に流れる現金は増えてます。

インフレ時は物価が上昇しますすが、貨幣価値が減少しますので借金の相対的な負債額は物価の上昇よりも低くなりますので、借金が減っていくような感じになりますし、手持ちの現金価格が下がってくるために、人は土地や金など資産価値の高い物と現金を交換しようとしますので、下がるとはいえ、市場に現金が大量に出回るようになるので、なんとか生活できる感じになります。

デフレの場合は物価が下落して支出は減りますが、相対的に貨幣価値が上昇している状態ですから、借金の負担感は上昇しますが、物価の下落によって生活に必要な支出は減少しますので、なんとか生活できます。

しかし、スタグフレーションの状態では物価は上昇しますがインフレ時に通貨が膨張するのと反対で縮小しますので、現金の流通量も減りますし、賃金も下がりまして、借金を抱える人にとっては相対的な負担感が増しますし、なにしろ借金の返済以外に生活に必要な出費が増えて生活が更に苦しくなります。

まあ借金している人じゃなくてもスタグフレーションの状態は生活が苦しくなるだけの経済状態なのですが、問題なのは過去の日本におきまして、インフレやデフレは経験済みで日銀をはじめとして対策を取ってきた過去が有るのですが、過去に本格的なスタグフレーションの経験は有りませんから、政府の認識も乏しく、ただ現状を手をこまねいて傍観しているだけの状態では無いでしょうか?

まあ国もある意味、インフレによる通貨価値の将来的な下落を充てにして、国の借金で有る国債を大量発行して多重債務者状態になっていますが、今のスタグフレーション状態では何せ多重債務者のような財政状態ですから、対策を取るにも身動きが取れないような感じかもしれませんが、今スタグフレーションを取らないと、破産や倒産が急増して大恐慌に突入するでしょうね。

私が思うには、前にも書きましたがヘリコプターマネー、つまり空から現金をばら撒くような政策で、造幣局の輪転機をフル稼働させて大量の一万円札を刷って、補助金、支援金、公共事業、福祉などの方法で一気にばらまいてしまう方法なのですが、これを行いますと日本の通貨価値は下がりますが円建での借金は目減りする事になりますし、日本政府が大量に保有しているドル建ての国債は価値が上昇する事になります。

また輸出国の日本ですから円の相対的価値が下がると輸出競争力が上がって、景気の回復に向かうのですが、国際的な部分での遠慮が有るのか、とにかく今はスタグフレーションが日々拡大しているのです。