円安と企業戦略

今後の日本円の対ドル為替レートの予測はさておき、企業の円安戦略について考えてみようと思います。

円安戦略なんて決まっているじゃないか、円安を武器に積極的に海外戦略を敷いて輸出で儲けるなんて安直な?事を書く気はないです。

まずね確か小学校時代に日本は輸出立国で海外から原材料を輸入して海外に輸出して儲けているだとか、三角貿易だとか教わった記憶があるのですけど、今になって事実を知りましたらあれって大嘘とか言わないまでもかなり誇張した表現だったようですね。

実際のところ日本のGDPに占める輸出の割合は10%台を上回った事はなく、日本ってのは実は内需立国だったってのが事実のようです。

ここから本題の円安と企業戦略の話になりますけど、別に円安でメリットを受けるのは輸出だけじゃないですよね?

逆の視点で考えてみますと長年にわたって進んできた円高によって海外から安い工業製品だとか農産品が入ってきまして日本国内市場を中国をはじめとした海外企業に席捲されて市場を奪われてきたわけでありますね。

ここで諺を一つ書きますが日本には隣の芝は青く見えるなんて言葉がありますけど、客観的に考えまして日本より優良な市場は無いじゃないですか?

GDPは国単位で世界第三位ですし一人当たりのGDPは世界第二位で、貯蓄の額や個人資産もそうですし日本は世界最大の債権国なのでありまして、なんでそーゆー優良な市場が目の前にあるのに、海外に展開して為替リスクを背負って言葉の壁を乗り越えて苦行を行おうとするのでしょうかね?

ですから円安・・実際には過度な円高が正常な状態に戻ってきただけなのでありますけど、ここで大切なのは円高を背景に奪われた日本国内市場を奪い返してしっかりした安定収益の体制を作るべきでしょうね?

もちろん最初から国内市場だけを相手に商売している人が圧倒的に多いわけですから、上記の文章は当てはまらない又は最初から海外展開とか輸出なんて考えていない人がほとんどで、中には原材料の高騰だけでデメリットしか感じていないって人も少なからずいらっしゃるのではないかと思います。

けどね金は天下の回りものなんて言われますが、多くの企業が国内市場に目を向けまして国内で雇用を生んで、お金が国内で回るようになりましたら、国全体が景気良くなりますよ。

まぁ円高で輸出が厳しくなったとか為替相場の変動で収益が大きく変わったとか、海外進出でえらい目にあったとかここ15年に及ぶデフレと円高と不景気で色々学んだと思いますから、みんなが国内に目を向けて頑張ればきっと明るい未来がきますよ、きっとね。