ネット選挙と選挙対策

インターネットを使った選挙運動が今度の参議院議員選挙から解禁されるとの事。

一応、私の経営する会社もホームページ作成代行業をやっていて過去には国会議員さんとか、候補者のホームページ立ち上げをやってきた経験から私が思う成功方法だとか、やってはいけない事なんてのを書いてみようと思います。

さてようやくといいますか法律が現実に追いついてきたと言いますか、選挙期間中のホームページの更新ですとかメールの送信が可能になるわけですけど、実際のところ議員さんがインターネットを使って情報発信をしているのは今に始まった事じゃありませんし、小物界の大物と噂される山本一太議員のツイッター発信量は半端なくブログのアクセスも膨大ですし、国会副音声または銀狼の異名をとる西田昌司議員の動画を使ったビデオレターなんかは有名ですよね。

てなわけでまずネット選挙活動(運動)の成功方法は言わずもがな継続は力なりなんて言葉もありますけど、昔から地道にやっていてコツコツと閲覧者(賛同者)を集めている議員(候補者)には勝てないって事です。

ただし現職議員さんとか候補者さんの現状を見てみるとホームページですとかブログとかツイッターで情報公開している議員さん候補者はほとんどですけど、まぁ大部分の場合はアクセスは少なくてリピーターさんよりも初めて見に来てそれっきりの閲覧者ばかりが現状のようです。

思うにホームページとかブログなんてものはすっごくソーシャルな部分が大きくて、私はこう考えますだけじゃ ハイわかりました以上でファンを獲得する事は無理なんですよね。

つまりその噛み砕いて書きますと、候補者が自分の言いたい事や知ってほしい事だけを書いてOKじゃないわけです。

ただここで勘違いが出てきそうなので書いておきますけど、私は昼飯にカツカレーを食べましたおいしかったです・・書いてもマイナスにはなりませんけどそーゆー事ばかり書いていても、この人大丈夫なの?なんて事になってしまうのでありまして、選挙民の心に訴えるって事はそんな事じゃないんですよね?

じゃ何がネット選挙に必要なのか、つまり成功方法ねを書きますとそうですね例えて言えば、小学校の先生が生徒に教えるように懇切丁寧な説明(教育)だと思うのですよ。

例えば消費税の増税だとかTPPへの参加だとか、ただ反対ですとか賛成ですとか書きましても、候補者自身がしっかりとした理論武装といいますか、根拠を持っていないとネットの民は情報収集力が高いですから見透かされますね絶対。

つまりその票目当てで世間の風を読んで受けそうな政策を打ち出してもすぐにメッキがはがれますが、逆風の政策でも選挙民を納得させられるだけの具体的な根拠をもった説得が出来れば投票につながるんですよね。

追伸
TPP賛成論者のアジアの成長を取り込むだとかイメージだけの中身の無い議論を振り回しても嘲笑されるだけですよ。