使えない労働者(従業員)

日本人は一応全員が義務教育を受けていますので読み書きソロバンが出来るかどうかは怪しい物ですが、社会人として生きていく為の最低限度のスキルは持っているのだと思いますが、その中にはごく僅か、どうしても社会に適応できないとか、いわゆる使えない奴ってのが混ざっているので有りまして、企業としては入社先行の段階で選別して弾くって事を行うのですが、それでも際どい使えない人間が、職場に入ってきてしまうので有りますよね?たまにだと思いますが。

これが景気の良い時で企業に体力と温情があった家族経営が主流の時には、使えない労働者でもなんらかの労働をあてがって使える範囲で働いて貰うとかまあ良い時代だったと思いますが、どうも景気が後退局面で赤字基調になってましりますと企業は余裕が有りませんし、人件費は結構企業の経営を圧迫しますので、使えない社員から順次首を切るって事に・・ならないのでありまして、一応日本の労働者は法律で守られて居るのと、希望退職募集で余所でも使える出来る社員が流出するか、もしくは役職が下の立場の弱い社員から首を切られるって場合のほうが多いのでは無いでしょうか?

ただ営業職などはっきりと本人の能力が形(数字)になって現れる場合のほうが、労働者全体ではむしろ少なくて本人の能力で差が出ないとか、場合によっては誰がやっても簡単にこなせてしまうような労働も結構多いようですがね?

ただそんな中でも、遅刻の常習犯だとか無断欠勤が多いとか杜撰な仕事しかしないとか、あきらかに使えない社員ってのも存在するので有りますし、どうも他の社員に比べて能力が劣るって労働者のやっぱり存在するのが現実ですが、クビにする線引きってのが明確に規定していない企業が圧倒的ですから、色々と問題が出てくる場合も多いのでしょうね?

何と言いますか経営者としては、少々使えない(仕事が出来ない)といっても、企業側の教育も必要って事も有って簡単にクビを切れませんし、労働者にとっても同僚に使えない社員が居て自分にしわ寄せが来ていて、給料は殆ど変わらないって状況も有って、今まで日本企業の多くが採用してきた終身雇用で年功序列で、能力の差が有ってもその差ほど給料に差が付かなくて、簡単にクビを切れないって所を是正しようとして、能力主義とか請負とか場合によっては派遣の受け入れとか色々やってかえって状況が悪くなったって感じでしょうかね?

使えない社員にはそれに見合った給料にでも出来れば良いのですが、それも無理ですからかえって使えない社員が職を失いやすくなるって所も有るのでは無いでしょうかね?