売れない営業マンと転職で化けること

統計も何も無くて全くの私の独断と偏見ですけど営業マンが転職する場合の多数は俗に挫折転職と言われる売上不振だとか、とにかく営業マンの本分であ る売上成績が出せなくて会社を去って転職するのですが、過半数の繰り返し転職しても芽が出ない人と少数派の化けると言いますか、転職先で急に売れる営業マ ンになる人がいるのですよね。

まぁ営業成績が上がらなくて退職や転職を考える際に、営業職をやっている以上飛び込み営業でもルートセールスでも根 本的に営業に向かない性格だとか能力が無いのでしたら早めに見切りをつけて、他の職種を検討した方が良いと思いますし営業職は継続して会社を替ったり、売 る商材が違うだけで化けると言いますか急に出来る営業マンに変身してしまうことが有りますけど、本人はおろか第三者にもこれは予測がつかないのです。

ただ思うに業界によって営業の激しさと言いますか商材によって売りやすいとか、とても高い営業力を要求されるとか、歴史が浅い業界だと か古い業界だとか相当の温度差が実在しますから、例えば出版業界でやり手のトップセールスだった人が不動産営業の世界に飛び込みましたら、全然売れないダ メ営業マンになってしまう事も有りますし、逆にOA機器関係の営業をやっていても全然売れないので挫折転職した先の電話回線の営業職ではいきなりトップ セールスに変身なんて事も有るでしょう。

もちろんこれは、同じ商材で同じ業界内で務める会社だけ変更する転職の場合でも多少は起きるのでありますが、よほど上司とそりが合わな くて売れなかったとか会社の体質と品質に問題が有って売れなかった限りは、同じ業界内にいる限りは売れない人は相変わらず売れないし、売れる人は同じ業界 内ではどこの会社でもそれなりの成績を残すと思います。

ですから基本的には営業マンが転職を考える際には今までやってきた経験を生かそうとして。同じ業界内で転職を考える場合が少なくないと 思いますが、売れないで転職を考えるのでしたら、思いきって別の業界も考えるのも良いのではないでしょうか?

もちろんその時には、外からではなかなかわかりにくいですけど極力今までの業界よりも競争が激しくなさそうで、売れやすそうで歴史が浅 いともっとライバルが少ないですし、とにかく営業経験だけは生かせて、もしかしたら自分も化けて売れるようになる可能性が少しでも高いところを考えてみる のは良いのではないでしょうか?

どこの会社でも業界でも売れない営業マンほど役に立たないものは無いですからね?

朗読版