転勤、人事異動と顧客管理

4月は人事異動や転勤の時期でありまして私の会社は一箇所、しかもワンフロアで営業中ですので机の配置を変えるくらいしか出来ないのですが、大きな企業で は遠くに転勤になってしまって単身赴任で北海道に転勤だとか、色々転勤、人事異動にまつわる話はあるようです。

私も昔、会社員だった頃に転勤の経験 はあるのですが今回はその話は置いておきまして、転勤や人事異動があった場合に、特に営業マンなどは、担当が代わる問題が出てきますので今回はその事につ いての話です。

小さいな小さな零細企業の弊社にも出入りしている営業マンとか、取引銀行の営業とか、取引は無いけどいつも事務機の営業で顔をだす営業マン だとか、一応 出入りの業者さんの営業や担当の方がいまして、弊社に出入りされているわけです。

毎年、転勤・移動の時期になると一人ぐらいは担当者変更? 担当者が代わる事になって、新しい担当者と挨拶に来りそれなりに、転勤が無い自 分の会社でも転勤の時期を感じることが出来ます。

実は、担当者が変わることによって、その会社の顧客管理がどの位出来ているのかを知ることが出来ますね。

例えばOA機器の営業マンの場合、お客の社内にどんなOA機器が有って、どこから納入されてリースの場合リース切れの期限が何時ま でかなどを把握した上で、コピー機とかパソコンやら周辺機器の提案営業を行うわけですから、営業マンの方は、その辺を聞いてきまして、私も差し障りのない 範囲でお答えしているわけです。

で人事異動や転勤で担当者が変更になった時に、引継が上手くいっていたり顧客管理がしっかり出来ている会社の場合は、同じ事を新し い営業担当に質問されることはないのですが、顧客管理がちゃんと出来ていない会社の営業担当の場合、同じ事を又質問されます。

そうするとまあ、幾ら安くても提案される商品が良くても、顧客管理がちゃんと出来ていない会社から余程でなければ買わないですね。

もしこれを読んでいる営業マンの方はお気をつけて・・・・けど自分から担当が別の人間に代わって急に売り上げが伸びたり、成績が上 がったりすると自分の立場が悪くなってしまいますから考えてしまいますかね?

まあ顧客としては担当の営業マンが自分の会社の事を良く分かっていればいるほど、担当者の変更はして欲しくないのが人情なのですが 企業としても一定の期間をもって移動や転勤が必要な場合もあるのですよね。

朗読版