紹介営業(お客様を紹介してもらうコツや方法)

営業の手法には色々有りますけどその中でも最も効率的でコストもかからず、抜群に成約率が高いのが既存のお客様から新しいお客さんを紹介してもらう紹介営業です。

なにせこの場合は強力な推薦状を貰って営業するなんて場合以上に、営業マンである自分が商品やサービスの内容を説明しなくても、既に紹介元から商品の内容や良さを聞いていたり致しますから、営業にかかる手間は半分以下の場合だって普通に有りますし、価格交渉なんて状況にもなりにくかったり致します。

特に次々と新しいお客さんを紹介してくれる顧客を持っていたり致しますと、見えないところで自分の営業代行してくれる人がいるのと同じですから非常にありがたいわけです。

さてそんな紹介営業の方法なんですけど会社によっては組織的かつ営業戦略の一つとして紹介制度みたいなものを作っているところがあります。
多くの場合は紹介カードみたいなものを予め作っておいて既存客に新しいお客を紹介してくれたら金品を差し上げるみたいな感じなんですけど、まぁ一部の業界ではこの手法が定着しているようですけど、個人的にはあまり好きじゃないです。

何故ならば先ず紹介カードを書いて頂いて紹介先にアプローチが出来るってのは確かに営業的にプラスでは有りますけど、理想である自発的に勝手に営業代行をやってくれるみたいな領域にまで辿り着く事が難しいように思うのです。

では私の紹介してもらう方法やコツについて書いてみたいと思いますが、まず何よりも必要なのが自分自身が自らの売っている商品やサービスに対して自信を持って良いものだと思っていなくちゃダメです。

実はこの基本中の基本みたいなことができていない人が多くてコレがクリア出来ていない限りは難しいと思います。

でね実はコレがクリアできれば後は簡単なのでありますが、基本は良いものなんだから一生懸命になって世の中に普及させる行動を取るのは当たり前だって考えになる必要がありますよね。

そんな基本を踏まえてまず顧客満足度を上げていく事になるのですけど、基本的に大切なのは自分のファンにどうしたらなってくれるのかって事を考えなくちゃダメだと思います。

その場合は相手によってもツボやコツはマチマチですし、営業マン本人が若手だったりベテランの年配者だったりによって結構違いますので、その辺りはまた別の機会に書いてみたいと思います。

まぁ紹介をたくさんもらえる営業マンは自分のファンが多いってのだけは間違いないのです。