心が邪魔をする件(営業)

営業は気合だなんてよく言われますけど、それはともかく営業成績が良くない原因の多くに自分の心ってのが有るのは事実だと思います。

例えばまだ経験が浅い営業マンですと多くの先輩営業マンが飛び込み営業の数をこなして、客先で話している営業トークを話しさえすれば基本的に誰でもそこそこの営業成績は出せるのに、どうも心が邪魔を致しましてどうせ自分がやっても上手くいかないなんて結論に誘導されてしまったりします。

そんな風に全然感じていなくても自分の大好きな趣味に没頭している時と、飛び込み営業をしている時の気持ちの状態を比べて見るとどこかで熱中していない自分が居たりします。

特にですね感じるのがサボる理由ですとか出来ない理由を考えだすのは実に上手なのでありまして、やってもたぶん駄目だし嫌な思いをするのは嫌だなだとか色々ですよね。

もう少し具体的に書きましょうか?

例えばですね新人の営業マンが先ず営業に行く前に先輩に色々とアドバイスを受けたとしましょう?

そのなかでね、御社の業績はどうですか?とかコレについてお困り事は無いですか?とか具体的に質問する項目まで教えてもらってから実際に営業に行ってどこかに飛び込んでお客の前に出たとするじゃないですか?

名刺交換をして自己紹介をして、ここで先輩のアドバイスは先ず相手の会社の業績はどうかと聞けだったします。

先輩としては良いと言っても良くないと言ってもちゃんとどうやって次の話題に繋げるかまでも、ちゃんと教えてくれていて守っていればちゃんと商談を進めることが出来るってのは実績がちゃんと証明しているんですけど、ここでネ心が営業の邪魔しちゃうなんてのが新人営業マンに多かったりするわけです。

初対面の相手にこんな事を単刀直入に質問して相手はどんな反応を示すだろうか・なんて余計なことに考えを巡らせてしまって・・と言いますかはっきり言って心がですね、やらない方向に営業マンを導くように邪魔をしているんですね。

ですから営業成績を上げるためには先ずこの営業の邪魔をする心をやっつけてしまったほうが手っ取り早かったりすると言うか、いくら成功した話を聞いても確実に売上が上がるノウハウを学んでも、この心の部分を何とかしなくてはどうにもならないって人も多いのではないでしょうか?

実は私自身も過去に何も自分の心に邪魔されて営業が鈍った事がありましたけど、ある程度の経験を積んでやっと営業の一番の邪魔者は自分の心だと気が付いたのです。