GoogleのメールサービスGmailについて

GoogleのメールサービスGmailについての私の考えを、思いつきですが書き記しておこうと思います。

ご存知の方も多いと思いますが、 GoogleのメールサービスGmailは新たに発表されたサービスで(現時点で日本向けの日本語対応サービスは提供されていない)、無料で使えるフリー メールで有りまして、ユーザーに提供される、ストレージ容量(メールを保存できる大きさ)がなんと前代未聞の1ギガバイトの超大容量を無料で提供してしま う、フリーメールサービスである。

メールにはロボットによって適切な広告が挿入されて、googleはそこからの収益を上げる構造なのでありますが、メールにロボットが判断 して広告を挿入する仕組みに対して、プライバシーの問題から意義を唱えている人たちがいらしゃいます。

私にはこの辺りの、クレームが出てくることが全く理解できないのでありまして、いやなら使わなければ良いのでありまして、強制的に Gmailを使うことを強要された人は誰も居ないと思います。

例えば、いきなり自宅にgoogleの社員がやってきて、ナイフを付きつけてGmailを使わされたとか、他のフリーメールサービスが突然 変更されたとかなら話は理解できるのですが、Googleは無料で利用をうたって、利用者には広告が挿入されること事を明記して、サービス内容に納得した 方が、自分で申し込んでサービスを利用するわけではないですか、それをプライバシー云々でガタガタ意見を言うのが、私は全く理解が出来ないのであります。

フリーメールサービスは、通常サーバー内の受信メールを、インターネットで接続してサーバー内を直接ブラウザで閲覧して使うわけですが、今 まで出ていたフリーメール・ブラウザメールの類は大きくても10M程度の容量しか有りませんから、受信したメールをどんどん削除して行かないと、直ぐに容 量がいっぱいになって受信できなくなっていましたが、今度のGmailサービスは1ギガの大容量ですから、添付ファイルの大きさも気にしないで、十分使え る魅力的なスペックです。

魅力的なスペックですから利用したい人も沢山居ると思われますから、それ以外の方からのクレームで折角のサービスが利用できなくなっては困 りますね。

再度書きますが、気に入らなければ使わない権利が有るわけですから、Gmailサービスは利用したい人も多いわけで、変なクレームをつけな いで欲しいと思っております。

まあ私のように外出が多い人間にとってはいちいち社内に戻ってメールをチャックするのは効率が悪いために、上手にWebメールを利 用しますと、移動中の時間などを有効活用出来ようになりますので活用しない手はないですよね。

慣れないと若干使いにくい面はありますけどね。