次世代ウインドウズ「ロングホーン」

米マイクロソフトは次世代ウインドウズその名も「ロングホーン」の発売を2006年度中にすると発表しました。

MS-DOS→ウインドウズ3.1→ウインドウズ95まで、インターフェイスやアーキテクチャーを大幅に変更・進化したOSを 発表してきまして、ウインドウズ95→98→ME→2000→XPと改良と進化を遂げてきまして、次は次世代となる「ロングホーン」となるわけですね。

「ロングホーン」の実際の発売時期は過去の例から見ても、大幅に遅れる事が予想されますが、これは戦略上、派手に早めに世間に は発表してしまったほうが、競合他社を牽制することになりますので、次世代OSの「ロングホーン」も営業戦略上早めに発表をしておいて、実際に市場に投 入・発売するのは、ズルズルと後ろに遅れていって2007年になってしまうのではないかと予測しています。

この次世代ウインドウズ「ロングホーン」操作性、安全性などが格段に向上する見通しとの発表ですが、私から見た次世代ウインドウズ「ロングホーン」への要 望を書いてみようと思います。

■DLLファイルに代表される、共通共有のファイルを多用して個々のプログラムを使用するのを転換して、最低限のDLLの共用 にして出来るだけ個々のプログラムで使用するライブラリは重複しても個々のプログラム毎に持っているべきではないでしょうか?
ウインドウズの欠点として何か新たにプログラムをインストールすると、他のデバイスが動かなくなったり、前から入っていたプログラムの調子が悪くなったり します、これは根本的には共通で利用するプログラムが有るから、起こりやすいわけですね。

その昔、メモリの制限が小さく、記憶媒体も容量あたりのコストが非常に高価でしたから、このような考え方が主流となったと思い ますが、このライブラリの共通使用を「ロングホーン」では変更する考えはないでしょうか?

「ロングホーン」に対する要望もう一つ

■ゲーム機のようなソフトの使い方は出来ないでしょうか?
任天堂のファミコンに始まりプレイステーション2にいたっても、違うソフトウエアを利用するときにインストール作業は不要で、カセットなりCDなりをセッ トすれば使えるわけでして、このようなソフトの利用のしかたの良い所も有ると思います、「ロングホーン」に少し機能を追加しまして、このような使い方も出 来ると良いですね?

さて「ロングホーン」の発売は2年以上先の話・・・・どのような「ロングホーン」が出てくるのでしょうかね?

追伸

VISTAの名称で次世代ウィンドウズが発売されましたが、動作が遅いのに加えてインターフェイスをガラリと変更されてしまい ましたので、評判は良くないですね。

普及もいまいち進まないようでXPへダウングレードするユーザーが続出しているようです。

今回のVISTAに関してはMEと並ぶ失敗だったのでは無いでしょうか?