借金返済不能

景気が悪くなりますと住宅ローン、特にボーナス払いの段階で支払い不能になるとか、クレジットカードの引き落としが難しくなるとか、とにかく景気の影響なんてのは貧しい人とか弱いところに最初に影響が出てくるってのが、当たり前と言えば当たり前の話なのですが今回のコラムでは、そんな借金返済不能について書いてみようと思います。

さて日本人の勤勉さだとか真面目さがまだまだ捨てたものじゃないなって思うのは、やってはいけないと分かっていても、既存の借金の返済のために新たに何処かから別に借り入れを起こして、当座の借金の返済に充てるって事をやってしまう人がまだまだ多いので有りまして、まぁそもそも貸金業を商っている業者は銀行にしてもサラ金にしても、返済不能時の金融機関側の内部の対応マニュアルは存在しても、借りている一般消費者には、対応する方法が何も知れされていないから、多重債務者が増えるような行動を取ってしまう人が少なく無いのでは無いでしょうかね?

まぁ一般個人に金を貸し出している銀行とかサラ金とか街金業者にしても、そう簡単に今月の支払いは難しいですから相談に乗って下さいって来られても、余計な手間がかかってしまうだけですから、ブラックリスト入りするぞとか、連帯保証人に迷惑がかかるぞとか、職場に催促するとかあの手この手で持って、とにかく約定通りに借金をしている個人から100%回収しようとする行動に出るのは、営利企業ですから仕方が無いと言えばその通りなのではありますが、多重債務者発生の原因の上位に、借金の返済のための新たな借り入れだと言われていますから、せめて担保設定をしっかりしていたり、保証会社が付いている住宅ローンですとか、連帯保証人付きの借り入れに関しては、支払い不能時の対応に何らかの新たな道を開く必要が有るような気が致しますね。

あと、聞くところによりますと支払い不能とまで行かなくても、ボーナス払いが厳しいとか1回分だけ支払いを何とかしたいなどの相談をした場合に、リスケなど支払い方法の変更や条件変更に柔軟に対応してくれたり、ちゃんと相談に乗ってくれるか、もしくは約定通りに支払いなさいって感じで対応するかで、その企業の姿勢と言いますか本性が現れるようですね。

まぁ支払い遅延の相談に出かけまして、断れれても無いものは払えませんし、更に借金を増やしても厳しくなる一方なのは誰でも理解できる事だと思いますので、堂々と交渉すべきはしっかり交渉する事が明るい未来を呼び込むと思いますよ。