マスゴミの弊害

どう贔屓目に見ても購読者の減少に歯止めがかからない新聞と、同じく視聴率の低下が明らかなテレビ放送と、それでも未だ自らの世間への影響力を確かめるかのような偏向報道を考えますと、インターネットが普及して様々な意見が広く伝える事が出来るようになって良かったなって思いますね。

まぁ先日のSMAPの草なぎさんの取り上げ方にしても、一気にセンセーショナルに騒ぎ立てて、翌々日には擁護色一色のような感じなので有りまして、実際にはかなり草なぎさんに最後まで批判的な意見から、騒ぐほどの事では無いまで幅広い意見が散らばっていたと思いますが、何だか番組の方針のような物で世論を誘導しようとしているようで、嫌なんですよね。

※私はテレビはとうの昔に家中から排除してしまってテレビは見ませんし、ラジオかテレビ局が運営しているニュースサイトでの情報です。

でね、芸能人のゴタゴタなんてのはどうでも良いのですが、これが政治的な利用のされ方をして、偏向報道やねつ造によって世論を操作しちゃいましょうとか、まだ容疑の段階で完全に世間が真犯人だと決定したかのような報道で、後でえん罪だと分かっても謝罪しないとか、とにかく日本の社会形成に大きな良い事をしてきた半分、良くない世論を作ってきた良くない部分も大きいのでは無いでしょうかね?

でねその報道機関と広報部門は違うわけですから報道機関は事実のみを正しく伝えて、何処の誰が言ったのか明確に出来ないような関係者の証言を使ったり、ましてやねつ造を行った場合などは、営業禁止数日間くらいの厳しい処分が必要では無いでしょうかね?

追伸
私が思うに天下の大新聞が書いている事は絶対に正しいとか、警察の発表なら間違いないとか、今までの常識とされていた事が、インターネットの普及など個人レベルでも結構情報は新が出来るようになってきて、その常識が覆ってきて良い事だと思いますね。

それとね、普通の家庭だったらテレビがないとおかしいって考え方があるようでしたら、それこそ偏見なのでありまして、個人的にはテレビばかり見ている人よりも、テレビなんて一切見ないで読書でもしている人のほうが、よほど物を考えて生きていると思いますし、マスゴミの世論誘導に乗せられないでしっかりとした自分の意見を持っていられる人だと思いますね。

地上波の停波の段階でテレビの普及率が80%くらいにまで下がってくれればきっと良い世の中になるのだと思いますけどね。