NHK受信料未納問題

NHKの放送は皆様の受信料金で成り立っています、どうぞご協力下さい。
最初にはっきりお断りしておきますが、我が家はしっかりNHKの受信料は口座振替にて支払っています。

最近は見ていませんが、朝の連続ドラマ(たしか見てたのは”ふたりっこ”)も見ていましたし、最近では子供が”はっちぽっちステーション”とか”忍たま乱太郎”見ていますし、昔私も”カードキャプターさくら”を見ていました。

問題なのは、NHK受信料金を払ってない家庭がかなりの割合で存在している事と、NHKが国営放送でもないが、民間放送局でもない、公共放送という極めて曖昧な位置付けで有る事であります。

NHK受信料金を払っていない家庭が多数存在している問題では、払っていない家庭がNHKを絶対見ていないことはあり得ませんので、払っていない人の分まで、まじめに受信料を払っている人が負担していることですね。

解決策として、受信料金を払わない家庭のテレビは、丁度衛星放送のように、アダプターかなにかで視聴できないようにする手もあるかもしれませんが、そんな事をやったら逆に今払っている人まで、アダプターを買わなくて、逆に視聴者が大幅に減少する可能性が大きいですから、多分 無理でしょうね。

次に、NHKが国営放送でもないが、民間放送局でもない、公共放送という極めて曖昧な位置付けで有る事です。

完全な国営放送であれば、税金で運営されますので、受信料の徴収は発生しなくて、無料での視聴が原則になるのですが、位置が曖昧なため、公共放送で受信料を徴収する状態が発生していますね。

一応、NHKにも広告代理店は入っていますし、ドラマの中に出てくる商品も最近は商品名を無理に隠したりしてい無いようですので、独自での収入に頑張って欲しいですね。

徹底的に地域の町おこしに協力して、協力費を貰うとか、民放のようにコマーシャルを入れるわけには行かないでしょうが、放送されることにより恩恵をうける企業や地域からの、収入の道を考えれば、収入はいくらでも出てくる気がするのですが。

追伸

受信料金未払いの世帯に対して法的に裁判に訴え出て強制的に徴収する動きが出ていますが、裁判を利用して更にNHK離れが進むだけですし、その前にNHKの改革などやるべき事は山のように有ると思うのですがね?

まあ一旦解体してから考えるくらいの必要が有るのでは無いでしょうか?