出版不況と電子書籍

技術革新によって新しい技術が世の中に出てくることは喜ばしいことですし、人類の進歩を止めることは出きませんが急激な市場の変化を伴う場合は、市場を奪われたり淘汰される側にとっては脅威以外の何者でも無いわけでありまして、キンドルの登場によって一気に広がりを見せ始めた電子出版は出版業界に激震を与えたと言われています。

まず一般の書店にとりましては電子出版で本や稼ぎ頭で有るコミックや週刊誌まで電子書籍でダウンロードして読むことが主流になりましたら、まず間違いなく店頭で本を買う人は激減するでしょうね。

何か有効な対策が打てれば良いと思いますが、せいぜいインターネットに接続出来ない人を対象に販売促進を行うとか、独自の訴えかけで店頭にお客を呼び込む行動を取るとか、限られた対抗策だけではなかなか生き残りも大変だと思います。

ただ思うに電子書籍が主流で中には返本のリスクを考えて従来の紙による出版を辞めてしまう出版物が多くなってきてしまいますと、それを受け取れない消費者と受け取れる人との間に情報格差が生じてしまいますし、日本列島の津々浦々に文字文化を伝えてきた街の書店が衰退してしまいますと、日本の文化度が間違いなく下がるでしょうね。

特に小学生くらいの子供にとっては書店って場所は何かわくわくする特別な場所で有ったのですから、その場所が消滅してしまわないように知恵を知恵を絞って欲しいところです。

もちろん書店で紙に印刷した書籍が売れないとなりますと、そこに本を卸している中間の取次も大きなダメージを受けますし、当然ですが印刷したり製本を請け負っている企業も大打撃を受けるでしょう。

では作家の先生を抱えている出版社はどうでしょうね。

短期的に見れば製本のコストは軽減されますし、返本のリスクもなくなりますし一般の書籍と比べて多少は電子書籍のメリットを見いだすことが出来ると思いますが、値引きを一切しなかった今までの書籍の販売から、気軽にダウンロードして読んで貰う性格上、高いと買ってもらえませんから低価格化が進んで相当苦労すると思います。

残るは実際に創作活動を行う作家の先生たちですね?

たぶん自らのブログやツイッターですとかインターネット上で自分の作品をプロモーション出来る才能に長けた人でしたら、活躍の場が広がると思いますし逆にその手のプロモーションが上手でない人は苦戦するのではないでしょうか?

それと軽めの読み物は売上を伸ばす可能性が有りますが、重厚な長編の読み物はなかなか売れなくなってしまうような気がしますね。

果たして10年後の出版業界はどうなっているのか不安になってしまいますね。