自費出版と電子配信

キンドルの登場に始まりまして最近ではアップルのアイパッド(iPod)の登場など出版不況で四苦八苦している従来の印刷による出版社にトドメを刺すような出来事が続いていますが、ジホ出版の世界では早くも電子書籍へのシフトが始まっているようですよね?

確か昨年だったか自費出版専門の出版社が倒産したニュースが流れたと思いますが、たぶん紙に印刷した出版で自費出版する人はとても減ってきて、その代わりにすごい勢いで電子書籍を出す人が増加すると予想しているのですけど、昔から一日は24時間に固定されていて本を読む時間も限られていると思うのですけど、電子出版に限らず情報の供給ばかり増えてしまって肝心の消費者の購読に費やす時間は増えていないのですから、何だか出版の世界は儲からない不毛の世界に進んでいくような気が致します。

話を自費出版方面に戻しますと今後はお手軽にパソコンで打ち込んだ文章をPDFファイルに変換すれば、各種情報端末でもパソコンでも中身を読むことが出来るのですから、それをどこかのサイトにアップロードして読みたい人に読んで貰うってのが主流になるのでしょうね?

まぁその中から評判の良いものは紙に印刷する出版に流れるのだとは思いますけど、著作者間の競争は非常に激しくなると思いますしまぁこれだけ手軽に誰もが情報発信出来るところに、自費出版関係まで電子化部門に流れ込んできましたら今までも自費出版からそこそこ売れる本が出ることは稀だったのに、更に売れるなんて事は難しくなるような気が致しますね?

追伸

一昔前までは本を出している執筆者は作家の先生って事で敬称に先生が付いていましたし、本を出している人イコール偉い人ってのが通り相場だったと思いますが、何だか電子出版になりますとありがたみも半減してしまうような気が致しますし、私が推測するに自費出版する人の半分くらいの人の目的は、人に読んで貰うこと以上に知り合いに自分は本を出したんだって配って歩いたり、自宅のリビングの目立つところに自分が自費出版した書籍を飾りまして作家気分を味わうところに有ったのではないかと思います。

それが電子出版に置き換わってしまいまして、しかも出版する人が大量に増えてしまいましたら今までの喜びの元がどこかにいってしまうのでありまして、何だか人類は技術の進歩で楽しみを一つ失ってしまったような気がしませんか?

まぁエコの流れがこのまま進むとやがて紙に印刷した書籍は消滅してしまうかもしれないですけどね?