ブログと著作権と損害賠償

吐いた唾は飲み込めないって誰が言い出したのか知りませんがまさしくその通りなのですけど、どうも一度自分で言った事を撤回すればそれで済むとか、書いた事を削除すれば無かった事になるなんて甘い事を考えて居る方が結構多いんだなって思ったのが今回のコラムを書くきっかけです。

さて、どうも私は本来のWebコンテンツ作成よりも、代筆を含めて文章を書く事のほうが最近多くなって来たのですが、どうも著作権に関してかなりルーズな方が世の中に多いらしく、著作権とかマナーについて考え方を改めたほうが良い人も結構多いのでは無いでしょうか?

でブログにとってもよくある事なのですけど、他人が時間をかけて作成した文章を一瞬でコピーして自分のブログに丸々そっくり貼り付けて、申し訳程度の感想文を添えて、公開してしまう手法が結構出回っておりまして、出展元にリンクを張っていない場合は論外ですが、リンクを張れば他人の書いた著作物を勝手にコピーして持ってこれるはずがないのですが、そーゆー手法を一部の有名ブロガーさんも行ってしまっていますから、著作権侵害に関して甘くなっているのでしょうかね?

※私自身の事について書けば過去に3回、損害賠償を受けるまでなっていますが、はっきりいって面倒なのでそこまでしたくないのですが、適当に放置してしまうとその手の著作権侵害が無くならないので、仕方が無く徹底した対応を取っているのが現状です。

でね、ここで話は飛躍するのですけど、確か(現在テレビを一切見なくなっているので最近の事はよく分かっていないのですが)朝のテレビ番組で、新聞各社の紙面を張り出してそれに対してコメンテーターだか自称評論家が、意見を述べるって事で番組を成立させているって方法が有ったと思いますけど、日テレが読売新聞の紙面を使ってやるのでしたら理解できますけど、どうも他人の褌で相撲を取ると言いますか、勿論新聞各社に了解や許諾は取っているのでしょうが、手抜きそのもので著作権に対する意識を低下させるような番組の作り方だと思いますね。

まぁそーゆーテレビ番組を垂れ流しているようだから、テレビ離れが進むのだと思いますしそれは自業自得だと思いますが、どうも著作権に関しては考え方が甘いって感じて仕方が無いのです。

例えば、農家の方が育てた農作物を勝手にもいで食べてしまうとそれは立派な?犯罪だって事になりますが、デジタルの著作物に関しては相当考え方が甘いって思うのですよね。

動画投稿サイトなどもちょっと見ただけで、著作権違反のオンパレードでビックリしてしまうのであります。