資金ショート予測

見て見ぬふりって言葉はその経営が苦しくなってきた経営者が、よくやる事のように思いますけど本当はそーゆー事をしても若干の心の平静を保つには役立つのかもしれませんけど、事態の悪化に打つべき手も打てない状態になりますから、経営者たる者は現実から目を逸らしてはいけないのでありますが、特に資金面に関しては早期発見と速やかな行動が企業の存続を左右する場合も少なく無いですからね?

さてその本題に入りますと、資金的に余裕が有る企業ってのはまぁ余裕を持って長期的な計画も実行できますけど資金的に余裕が無い企業ですと、入金されてきた売上げそのまま給料や支払いに回す事になる、いわば自転車操業状態になりますが、その場合ですと請求翌月の代金回収として、月末に請求書を発行し終わった時点で翌月末までの入金額がほぼ分かりますので、請求金額の過多で翌月資金ショートしそうかどうか大まかな判断が付いてしまうわけですよね。

まぁつまり資金ショート予測の多くは少なくとも前月、又は前々月にはおおかた資金がショートしそうだって予想が付く筈なんですけど、聞くところによると何故か支払いが出来なくなるつまり資金ショートするぎりぎりになるまで、どっからそーゆー考えが出てくるのか、もしかしたら何とかなるかもしれないとか、現実から目を逸らして目の前の仕事にだけ集中してみたり、なんだか現実逃避しちゃうような経営者も少なく無いようですね。

そりゃまぁ厳密に厳格に最悪の事態を考えて資金計画を考えてしまいますと、こりゃ資金シュートして倒産してしまうってマイナス思考になってしまう場合も多いでしょうし、誰がどう考えても倒産するしかないって状況から、火事場のくそ力で復活を遂げた企業も数多く有ると思いますけど、逆に素早く資金ショート予測を察知してしかるべく手を打って、破綻を回避した例のほうが圧倒的に多数派だと思うのですよね。

悲観的な人間は経営者に向いていなくて、どちらかというと楽観的な性格のほうがそりゃ確かに経営者に向いていると思いますし、時に現実から目を背けて違う事に意識を集中させる必要が有るのかもしれませんけど、資金ショートの素早い察知でリスケや銀行との借り入れ交渉や、営業戦略の練り直しなど手が打てる場合も多いのですよね。

追伸
あてと褌は向こうから外れる何て事を言いますが、もう経営者になって売上げ確保と並んで苦労するのが回収率とか資金繰りの問題でして、これに結構な労力を取られてしまって、営業的な動きを制限されてしまうことも少なく無いのですよね。