金策の方法

企業において社長や役員お客そっちのけで金策に走り回っているって話は良く耳にしますが、今回のコラムでは私なりに(零細)企業の金策の方法に付いて考えて居る事を書いて見ようと思います。

まず金策の方法と言っても銀行などの金融機関を訪問して資金を借りてくる事だけが金策では無いと思うので有りまして、私が思うに金策の方法として正しい順に、書いて見ようと思います。

※ただし営業に精を出して売り上げを作るってのは脇に置いておきまして純粋に手持ち資金が足りなくて、資金繰りに窮している場合の資金繰りについてです。

1、売掛金の回収など場合によっては入金を早めて貰うなどのお願いをするとか、長期にわたって未回収(焦げ付き?)の売掛金の回収を徹底する。
まあこれを銀行が行いますと貸し剥がしって事になるのだと思いますが、先ずは金利のかかる余所からの借り入れを行うよりも、最も経営状態を正常にする事が出来る金策ですね。
ただ色々な意味で、余所からお金を借りてくるよりも難しかったり、気が引ける作業になる場合が多いと思いますが、借金を増やして利息負担を増加させるよりも、回収に精を出したほうが何倍も良い結果を生み出すわけですから、まず金策の第一歩はここからになりますよね。

2、借り入れの支払いのリスケ(リ・スケジュール)
新たに借り入れを起こすより、目先の支払いを遅らせたり分割払いにして貰うなどで現状の資金繰りを何とかするって方法になりますが、間違ってもやってはいけないのは事前に支払先に何の相談もなく、支払いをしないとか催促を放置してしまう事でして、この手の事は出来るだけ早めにリスケの相談を行う事が大切ですよね。

3、借り入れ
念のため書いておきますが、資金繰りの方法としては3番目ですが銀行に借り入れを申し込んでも翌日に資金が振り込まれるわけもなく、それなりに審査期間が必要になりますし、もし審査で落ちてしまった場合に別の金融機関からの借り入れの道を模索する必要も出てきてしまいますので、準備だけは早めにしておく必要が有りますからね。

まあぎりぎりになって慌てて即現金の借り入れは間違いなく高金利の借金が嵩むだけですし、そーゆー状態ですと冷静に状況判断が出来ない場合が圧倒的ですので、注意して下さいね。

追伸
その他、親類縁者とか友人に借金を申し込むって方法も無いわけではないですが、その辺りは返済が滞りますと私生活やその人間関係に影響が出てきてしまいますので、冷静に判断したいですね。