年越し資金と借金

子供にとって年末から年始にかけてはクリスマスプレゼントに始まりまして、お年玉を貰えるって年に一度のビッグイベントが有りまして大概の子供は一年の内で年末年始が一番懐が温かい時期なのでありますが、経営者にとっては年末は従業員にボーナスの支払いはありますし、一月二月と多くの企業は稼働日が少ないことなどもありまして、結構な割合で資金と言いますかお金の工面に苦労する場合が多いのではないでしょうか?

まぁ個人の場合でもお金が無くて年が越せないとか、サラ金の需要期は一二月だなんて事も遠い昔に聞いた事が有るような気が致しますので、大人にとっては子供にプレゼントを買ってあげたりお年玉をあげたり、正月用品の購入や人によっては住宅ローンなどのボーナス払いがあったりと、子供と違ってお金に苦労する季節なのかもしれませんね。
※それでも勤め人の場合はボーナスの支給が12月にあるので懐が温かい時期だって人も多いとは思いますがね。

で肝心の事業資金と言いますか個人の場合はお金が無くても部屋で膝を抱えてじっとしていれば、何時の間にか年が変わって場合によっては明るい一年の幕開けになるのかもしれないですけど、企業の場合はお金がないからって社員一同事務所で座っていても経費ばかりかかって手持ちの資金が減るだけですし、企業が資金が無くて年を越せないって事は場合によっては倒産してしまうって事なので有りますから誠に深刻なのですよね。

さて、年も押し詰まってもういくつ寝るとお正月~なんて歌を口ずさむ季節になって、予定していた入金が請求先の会社が突然倒産してしまったとか、何らかの理由で突然資金ショートなどしそうになった時などは、銀行に相談しても年明けお越し下さいでしょうし万事休すって言葉が頭に浮かんだりしてしまうのでしょうかね?

まぁそんな時には基本的には支払いを延ばせるものが有れば積極的に交渉と言いますかお願い致しまして、先に延ばすのがベストだと思いますが、それすらままならない時が考え物ですよね。

安易に街金やサラ金で借金を致しましてすぐに返済出来れば良いのですが、なにせその手の融資は金利が高いですから、すぐに膨れ上がってしまいますし精神衛生上もよろしくねいですのでとにかく借金を増やさないで年末を乗り切ることを考えなくてはいけないのですが、どうしても面子だとか対外的な信用ですとか、支払いが遅れたら相手に迷惑がかかってしまうとか、色々なことが頭をよぎって高利の金融に走ってしまう場合も多いのかもしれないですよね。