新銀行東京

石原都知事の肝いりで発足した銀行”新銀行東京”が発足しました。

発足のいきさつは、資金調達に悩む中小企業を救済するためで、東京都が1000億円を出資して設立した新しい銀行ですが、果たして目論 見通り行くかどうかは今後の運営しだいになりますね。

中小企業では独自で社債の発行はまず無理ですし、大企業に対抗して設備投資しようとしても資金調達がうまくできなかった事が多々発生し ていましたので、新銀行東京には頑張ってほしいと思います。

私自身、銀行で融資を受けた経験が過去有りますが、もうガチガチのがんじがらめ状態に誰でもなってしまいますからね。

私の場合は、千葉県の信用保証協会を利用できたから良かったのですが、それが使えないとすると、先ず自分名義の土地・建物を担保にされ て、土地建物の評価額では足りない場合は、保証人を付けてそれで、やっと資金調達できる事になります。

つまり、返済不能になった場合は、土地建物を没収されて保証人にまで迷惑をかけてしまう、会社経営に一歩間違えれば地獄が待っている恐 ろしい世界なのであります。

日本の銀行には会社の技術や販売力や事業の発展性を見抜く能力はゼロと思ったほうが良いと思いますので、期待しても期待するだけ無駄で しょうね?

となると、銀行としては不良債権を出さないできちんと回収できる安全策を考えますから、二重三重に担保や、保証人をとって取りっぱぐれ がないようにすることは、銀行も営利企業ですからそれを責めても仕方がないことだと思います。

で今度の新銀行東京に関しては、融資の審査基準が非常に気になる所でして、未回収債権を出して税金で穴埋めすれば納税者に迷惑をかける ことになりますし、しっかり回収しようとすれば担保主義になって、技術は有るけど資産がない会社には融資できなくなってしまいますからね。

石原都知事の場合カジノ構想も有りますので、ここは新銀行東京でもハイリスクハイリターンで資金融資した会社が儲かったら儲かった利益 に対してリターンがもらえるオプション契約でも初めて、融資審査の基準を今までの銀行とは違った形にしてほしいものです。

追伸

鳴り物入りで登場した新銀行東京ですが結局、大量の不良債権を発生させてしましまして、巨額の赤字で税金で救済する形になって しまいましたね。

まあ景気の減速ってマイナス要素が響いた面もありますけど、税金での救済には反対意見も随分出たようで石原東京都知事としても 目論見が外れたって所では無いでしょうか?