手形換金と手形割引の問題

今回のコラムは手形についてであります。
手形の換金と手形割引について思うところを書こうと思います。
いざ独立して商売を始めると、代金の支払いを手形で支払おうとする取引先が出てきます。
手形での支払いは極力避けるのが好ましいのですが、手形でないと取引に応じない場合も出てきますね。

そうなんです、SOHOに限らず経営の指南書的な文献を読みますと、すべからく手形は受け取っちゃいけないよって事になっていますがお客が手形で支払いを希望する事ってのが日常的に結構出てくるんですよね、法人相手の商売ではね。

手形での受け取りを了解するか、手形では取引をしないかは経営者の判断によりますが、もし手形を受け取った場合、手形の期日が長く、資金的な余裕が無い場合手形の換金の問題が出てきますね。

最近は銀行ではよほどの企業で無い限り手形の割引をやらないところが増えてきているようでして、そうしますと手形の割引業者に手形を持ち込むことになります。

その場合、手形の振り出し元に応じた割引率が適応されまして、手形が現金化されるわけですが、手形の振り出し元の関係で場合によっては、半値以下での換金になってしまう場合も有ります。

つまり、手形での受け取りに応じるかどうかは、手形を割引業者に持ち込んで、換金した場合の手形割引の率によって、手形を受け取るか受け取らないかの判断になってきます。

もう一つ注意しなくてはいけないのが
手形を割引する際に、手形に裏書を書くことになります。
この場合、万が一手形が期日に落ちなかった場合、裏書を書いた本人に支払い義務が発生しますのでご注意ください。

追伸
手形は受け取るのも怖いですが、それ以上に自分で振り出す事はもっと危険です。

手形ってのは一種の借金の約束証文のようなものですからね。