リ・スケジュール(リスケ)の交渉方法

多重債務に陥ったり、あとで債務返済不能で破産や倒産になる事を回避する為に、まず最初にできる事がリスケ(リ・スケジュール)と呼ばれる借金の条件変更です

つまり金融機関との交渉によって支払期間を延ばしてもらったり、一定期間の間に利息だけの支払にしてもらったりして、当面の危機を乗り越える方法です。

リスケを使いますと、支払期間が伸びたり、金利負担が増えたり、金利が上がったり、事故扱いになって新たな融資(借入)が受けられなくなったりと不利な面もありますが、新たに借金を増やすよりはよほど良いので有りますね。

リスケを相談(交渉)された金融機関にとってはありがたくない話なのでして、最初から約定や契約を盾に一切認めてくれない所も確かに存在するようですが、ダメでもともと・・しかし引かない心構えで交渉に臨む必要があると思います。

それと、リ・スケジュール(リスケ)はとにかく資金不足や支払いの遅延になると少しでも兆候が有った時点で、素早く行動に移しませんと、返済できる金額がマイナスになってしまいますので、とにかく素早くが鉄則なので有ります。

リ・スケジュール(リスケ)に関する考察

大手銀行や大手信販会社の中には、話し合いに応じても貰えず、門前払いの企業も少なくないのではないでしょうか?

私が思うに、一流大学をでて就職してそのまま、教科書通りといいますか、約束事は守るもので有って、契約書や約定ってのは絶対だと考えているのだと思います。

確かに契約は守らなければいけませんし、約定にのっとった商行為で有れば、リ・スケジュール(リスケ)に応じる必要もないですし、連帯保証人に請求が行っても、担保を差し押さえられても債務者は文句が言えないのでは有りますが、支払う意思があってなんとかリスケで責任を全うしようとしてる債務者には、出来る範囲の融通があっても良いような気が致しますね。

融資担当者としては、とにかく不良債権にいないで全額回収が目的なので有りまして、内心では他から借金してもうちの返済はきちんと約定どおり行ってくれと思っているのだと思います。

もちろん、信用して融資をしてくれたのですから、誠意は尽くす必要がありますが、借金を返すために他から借りてくるなんて行為は多重債務へ一直線に通じる道ですからそれだけはやってはいけないと思います。

一度、断られても食い下がってリ・スケジュール(リスケ)に応じてもらうほうが、借金を増やして個人再生や特定調停、自己破産まで行ってしまうよりは、よほど良いので有りますね。

ですのでリスケだけで乗り切れるようであれば、とにかく頑張ってみる事に尽きるのではないでしょうか?