会社の制服と背広

私は制服を支給してくれて基本的に制服を着て出社する企業に勤めた事はないのですが、特に外回りの営業をやっていますと高い背広なんて着ていたら、色々と気を遣ってしまいますし、安い背広なんてのは直ぐに痛んで駄目になってしまいますし、なにせ年とともにお腹の出っ張りが気になってくるなど、体系の変化なども間違いなく有りますから、少なくとも年に2着くらいは背広の購入が必要になりまして、安物の背広でしたけど年間で5万円は出費をしていましたね。

でまぁ会社支給の制服ってのはその手の作業服やさんでも営業マンも着用できるような物を結構販売していたりするのですけど、大概は一万円でおつりが来るレベルでズボンと上着が揃ってしまいますから、単純計算ですけど年間支給の賃金を2万円下げて貰って、その代わりにその分で年間二着の制服を支給してくれたほうが、経済的にも結構助かるのですよね。

まぁ男性社員の中には婚活中で仕事帰りに合コンに行くとかおしゃれに気を遣っていて、会社支給の制服など嫌だって思う人も必ず出てくるのでしょうけど、まぁお小遣いを少しでも増やしたいと思うお父さんとしては、可処分所得を少しでも増やしたいって思うのでは無いでしょうかね?

まぁそんな流れが多くの企業に出てきてしまったら、紳士服業界は大変な事になってしまいますし、何だか酒場のお父さんも何処の企業のサラリーマンだか判別しやすくなっちゃいますから、それほど制服を取り入れる企業も多くないのかもしれませんけど、同じ待遇で同じ仕事内容の企業の求人が2つ有って片方は制服支給になっていたら、やっぱり制服支給の会社のほうが、背広を自分で購入しなくて良いだけ経済的に助かるって事になるのでは無いでしょうかね?

世の中不景気になって来ますと、もしかしたら給料を引き下げてその代わりに制服を年に二着支給しますなんて企業が現れるかもしれないですけどね。

まぁ私が始めて制服を作った頃に比べたらたぶん半額以下に背広の値段は下がっているし、今も随分と値段の安い背広も出てきているようですけど、ずぼらな私としては結構着ていく物を選ぶのは面倒なのですよね。

追伸
しかし不思議なのは会社の制服なんかよりも余程大量生産される中学校とか高校の制服が、かなりの高額で強制的に販売されている事実がありまして、いい加減に誰かがメスを入れるべきじゃないのかなって思ってしまいます。

まぁ制服業界もこれからの少子化で大変なのかもしれないですけどね。