自民党の敗因について考える

2009年8月30日投票の衆議院議員選挙では議席数を約三分の一に減らしてしまう歴史的代敗北を喫した自民党ですが、記念に?私なりに敗因を考えて書いて見ようと思います。

さてその自民党の敗因なんですが日本国中に吹いた風なんて表現をしている人ですとかマスゴミの世論誘導なんて声も結構有るようですけど、やはり最大の敗因は過去の政策運営の反省もそうですが、将来についての明確なビジョンを具体的に示せたかどうかってのが一番大きいのでは無いでしょうかね?

まぁマニュフェストをよく読めばそれなりの事が書いてあったのですが、実際の所有権者の中で各党のマニフェストにじっくり目を通して投票行動に移る人なんてのごく少数なわけですから、麻生総理のように民主党が日の丸の旗を加工して民主党の旗を作ったとか、ネガティブキャンペーンをやっている暇があったら、具体的に未来へのビジョンや姿を描いたほうが反感も少なかったと思いますし、ここまでの壊滅的な敗退にはならなかったんでは無いでしょうかね?

勿論、安倍総理に福田総理と二代連続して勝手に総理の座を投げ出してしまっただとか、麻生総理の空気の読め無さ加減と上から目線の物言いとか、相変わらず老害のような派閥政治だとか何故か公明党と連立しているとか数え上げましたらキリがないのも事実なのですけど、やっぱり明るい未来の設計図が出せなかったのが最大の敗因だと思いますね。

個人的には小泉構造改革ってのは既存の仕組みを壊しただけでその後の再生を放り出す形で、次の総理にバトンタッチされてしまったのが一番の問題だと考えて居るのですけど、やろうとしていた小さな政府ってのは決して間違ってはいないと思いますし、修正すべき点は多かったにしても安倍政権になって方向が定まらなくならなければ、それなりに評価されていたのではないかと思いますが、中途半端になって迷走して将来像を描けなくなっては全ての人にそっぽ向かれてしまいますよね。

逆に民主党は無駄使いを徹底的に捜して削減することと官僚支配からの脱却って感じである程度は具体的なイメージをつかめる将来像を出してきていましたので、そのあたりが勝負を分けたような気がするのですけどね。

追伸
今回の選挙では共産党は増減ゼロって結果になりましたけど、共産党政権の是非はともかくとしてある程度の発言力を残しておきませんと、バランスがとれなくなってしまうような気もするのですけどね。