著作権への認識と低い意識

何時の間にかニコニコ動画ですとかYouTubeなんて動画を一般の人が自由に投稿できてみんなで楽しめるWebサイトが一般に広まって来ましたけど、少し中を覗いただけで著作権侵害や肖像権の侵害のオンパレードで有りまして、こーゆー状態を放置しているようですと著作権とか特許に疎い何処かの国を非難することは出来ませんし、日本にソフト製作を行うクリエイターはしっかり育たなくなってしまうのでは無いでしょうかね?

まぁ盗作作家として有名な唐○俊○みたいな人が未だに出版業界でそれなりの地位にいるって事は、幾ら法律を整備しても世間のなかに、著作権侵害にたして甘い部分が残っていてそーゆー部分を改善していかないと、罪の意識が低い著作権侵害が後を絶たないって事になってしまうのでは無いでしょうかね?

でね、コストが高いところから考えて見ますと、映画ですとかテレビ番組なんてものはそれこそ上は何十億円もの製作費用をかけて、長い年月をかけて制作して宣伝広告費を使って世の中に出してきているのでありますし、音楽にしても書物にしても制作者が自らの能力や時間をつぎ込んで作っているわけですから、それをいとも簡単にコピーして使ってしまうってのは、窃盗と同様に考えるべきなのでは無いでしょうかね?

勿論ね行き過ぎた著作権保護ってのは何処かでブレーキをかけるべきですし、全く本人が意識しないで偶然にも創作物が類似してしまったような場合であれば、全く無問題で構わないと思うのですが、どうも確信犯とか分かっていてコピーしちゃうような人がとっても多いのが現状ですから、この手の著作権無視人種な人々には厳罰で挑む必要が有ると思いますよ。

確か麻生とかいった総理が漫画の殿堂、税金による巨大漫画喫茶を作ろうとしていたと思いますけど、そんな事をしているよりも著作権の保護や取り締まりに力を入れたほうが何倍もクリエイターにとって有益な税金の使い方になると思いますが、やっぱり箱物を作らないと色々と都合が悪いのでしょうかね?

つまりそのアニメなんてものも形としての物質的な存在価値って事じゃ無くて、描かれたデザインだったりストーリーに価値が有るのですから別に箱物行政の延長上でビルディングを建ててそこに原画を保存する何て事よりも、ちゃんと価値を認めて著作者をもっとしっかり守ることを最優先すべきでは無いでしょうかね?

ただこれも国が乗り出しますとわけの分からない外郭団体を設立して補助金を引っ張り出すだけ何て事になってしまいそうで困ったことなんですよね。