倒産回避と現状把握

私も零細企業とは言え10年以上も経営者として活動していますと、何ども資金繰りに苦労したり時にはピンチに陥ったりした経験が御座いますが、本来はそんな時ほど冷静に現状把握を致しまして冷静に倒産回避の方策を考える必要が有るのですけど、逆に現実から目を背けたくなったり目先のことにこだわって大局的な視点で物事を見ることができなくなったりしてしまいがちなのでありまして、今回のコラムではそんな事について書いてみようと思います。

さてこれは良く言われることですが、企業でも個人でも資金繰りが厳しくなってきますと頭の中の大部分が明日とか月末などの支払いや借金返済で一杯になってしまいまして、その後のことを考える事をしなくなって、新たに借金をこしらえてしまうとか赤字になるほどの安売りに走ってしまって余計に資金繰りが悪化してしまったりする事は良く有るのではないでしょか?

ホントはこれ以上借金を増やしてはいけませんし、赤字覚悟の投げ売りに走るよりも損益分岐点を考えて利益が確保出来るような筋肉質の企業体質に脱却することを考えなくてはいけないのですけど、ひとたび悪循環に陥ってしまいますと思考回路までおかしくなってしまう場合が往々にしてあるのですよね。

まぁ悪循環に陥るか冷静に考え直して復活への方策を考えるかによって会社を倒産させるか、持ち直させるかの大きな違いになって現れてしまうのではないかと思いますが、自分が冷静に判断出来ないときには本来は有能なコンサルの先生にでも相談できれば良いのですけど、そんなお金はない場合が多いでしょうから友人でも親族でも相談出来る人に現状を見てもらって、率直な意見をもらうって方法も有りますよね。

これは別に経営に詳しくなくても会社のことを全くわかっていない人でも、赤字になるような仕事はやめろというと思いますし、人件費が足を引っ張っていると思えば給料を下げるなり人員を削減しろと言うでしょうし、借金(借入金)に関しても返済出来るあてがないのでしたら、諦めろって普通言うでしょうからね?

ただまぁ毎回そんな事をする経営者はいませんし、なんと言いますか絶対では有りませんけど倒産に限らず危機を乗り切った人間ってのは一回り大きくなると言いますか、危機を乗り越える能力が一段階上がるのでありまして、後になって思えば良いレッスンだったなって思えるかもしれませんからね。

そんな訳で倒産回避に大切なのは現状把握から始まる判断ですが、無理な場合は他人の知恵も借りましょうねって事です。