ツイッターのフォロワーの数を増やす方法について考える

競争心とか他人より勝りたいって気持ちが人類の進歩の原動力なんでしょうけど、最近急に普及したツイッターの世界でもフォローしてくれる人の数を増やすことに全力を注ぐみたいな感じの人が増えているようで今回のコラムではそんな事について書いてみようと思います。

さてどこで読んだか忘れちゃいましたが確かツイッターでフォロワーの数を増やすのに有効な方法はまずは自分で誰かのツイッターをフォローすれば一定の確率で相手もフォローを返してくれるので気がつけば大量のフォロワーを確保出来ているって事だったと思います。

ただそれをやりますと自分がフォローしている数が数百とかすぐに数千人とかになってしまうのでありまして、はっきり言って10人に満たない人のツイッターをフォローしているだけで一日に数十のツイートが発信されますからまぁ千人を超える相手のツイートをフォローできるわけがないのでして、まぁ別に律儀に目を通す必要も無いのでしょうけどわざわざフォロワーを増やすためにフォローした相手を集めてリスト作成して一切見ないってのもどうなんだろうかなって思っているのです。

それとですね企業の公式ツイッターですとかそれなりに有名な人ですとかもちろんリアルに知っている人でしたら何のためらいもなく相手をフォロー出来るのですけど、全く見ず知らずのしかも個人的に開設しているツイッターに勝手に入っていってフォローするのは何だか気後れしますし、何らかの理由でブロックされたら嫌だし相手が女性だったらストーカーに間違えられるのも心外だし、とまぁ色々なことを考えると自分から積極的に相手の事をフォローするのも気後れしてしまうのであります。

しっかし自動的にフォロワー数を増やす怪しげなサービスまで出ていたりするようですけど冷静に考えると、ツイッターってのは自分のツブヤキをキーボードから打ち込んで公開するって基本的な仕組みのはずですけど、どーして自分のツブヤキをより多くの人に聞いてもらいたい人が多いのかって少々疑問が湧いてきてしまいました。

追伸
私も一応はIT業界の端っこで商売していますので念のためツイッターのアカウントを取得して利用を始めましたけどどうもこのツブヤキを他人に公開するって意味がわからなくて、まぁ仕組み的にサイトの更新のご案内と一部の方に生存確認として使ってもらえば良いかなって感じで運用しているのですが、どうもこーゆー使い方は邪道のようですね。