仕事効率と時間の使い方

私の場合は仕事の量にとても波が有りまして、繁忙期には逃げ出したくなってしまう事も有るのですがそういったわけにもいきませんから、何とか今までこなしてきたのですけど仕事の効率を上げるには実務レベルの処理方法と時間の使い方との2つのポイントが有ると思っています。

まず私にとって仕事を効率良く進めるゴールデンタイムってのが有りまして、具体的に書きますと午前九時までの早朝の時間帯になります。

スタート時間は寝不足で頭が回転しない状態で早いときには午前3時頃からスタートしますし、通常でも朝の7時には仕事をスタートして朝の九時には相当の仕事を片付けるようにしています。

先ず何といってもこの時間帯でしたら電話も一本も入ってきませんし、仕事のメールを送る人も先ずいませんからやりたい仕事に完全に没頭することが出来ます。

それとこれは私の性格的な問題なのですが、何と言いますか夏休みの宿題を最終日にやっつけると言いますか、時間を区切って締切を自分で設定した方が仕事に没頭出来る性格なので朝九時の通常の仕事スタートになる時間までに区切りを付けるって時間的な設定がし易いからです。

夜型人間な人にとりましては朝は普通またはゆっくり起きてその代わりに夜は仕事が終わるまで頑張ちゃうなんて人が実際にはとても多いと思いますが、どうも夜って時間帯は電話も結構入ってきますしメールも夕方にはいって返信が必要だったりしますので、仕事に集中して没頭するのが私の性格上難しいのですよね。

さて私の場合は10年前に独立して社長をやるようになったので完全朝型の仕事集中スタイルが出来るのですが、これが会社務めの場合ですとか誰かと一緒に仕事をしていますとなかなかやりたくても出来ないのですよね。

同じ社内でみんなが夜遅くまで残って仕事をする状態で自分だけ夜は早めに退社して自分だけ朝早く出てきて仕事をするのは、なんとなく自分だけ変人みたいに見られそうですし、会社内で仕事をしていますとやっぱり上司ですとか部下ですとかの人間関係の中で仕事をするのが普通ですからね。

まぁそんなのが有りまして会社によってはフレックスタイムのような出勤形態が取り入れられた処も有るようですが、どうも一般的にフレックスタイムになると平均して出社時間が遅くなる傾向と聞いているのですが、私の経験から言えば朝の9時までの時間帯が最も効率良く集中して仕事に取り組める時間帯だと思うのですけどね。