社内における告げ口と社内営業

社内において告げ口が横行している会社なんてのは雰囲気も良くないですし、先も長くないのではないかと思いますけど結構その告げ口を社内営業と告げ口を混同している人も多いんじゃないでしょうか?

でですね社内に告げ口が横行する原因はまず全てが上司の問題なので有りまして、ひどい上司になりますとわざわざ部下と一対一になった時に他の同僚の事を聞き出そうとしているような人も結構多いんですよね。

実際それほどひどい上司が自分から部下から告げ口を引き出そうとするような場合じゃなくても、愚痴の形で部下の話をしかも一方的な片方だけの話を聞いて何らかの行動をしてしまう人は結構多いんじゃないでしょうかね?

まぁ社内営業は組織を円滑に動かすために必要な事で事前の根回しですとか、ちょっとした雑談ですとか場合によってはさりげないヨイショなんてのは潤滑油みたいな感じで無くしちゃいけないんですけど、社内でのコミニュケーションを少し取り違えると告げ口にまで発展してしまうわけですね。

さてもしあなたが数名の部下を抱える部門の責任者だったと致しまして、その中の特に信用の厚い部下がある日のこと一対一で面談した際に特定の同僚について、上司の目が届かない時にはサボっているだとか、誰それが不倫しているだとかやる気が無いのに上司の前ではやる気があるように装っているなんて事を告げ口してきたらどうしますか?

まず90%以上の人は信用置ける部下からの進言ですから、その事について以後は注意を払うだとか告げ口された部下を色眼鏡で見るなんて事に多少なりとも傾いてしまうのでは無いでしょうか?

そこでね、告げ口された内容を直接本人に問い質すかどうかの問題が発生してくるんですよ、最初から告げ口なんてのに取り合わなければそんな問題は発生しないんですけどね。

ここで下手に直接本人を問いただせば誰かが告げ口社内営業をしていることが知れ渡って社内の雰囲気が変わってしまいますし、そのまま放置しておくのも社内の見えない問題を解決しないで見ないふりになってしまう事になりますから難しいものですよね。

実際のところ必要なのは告げ口なんてのが発生しない社内の人間関係を構築しておかなきゃ告げ口が発生した段階で難しい問題に直結してしまうんですよね。

つまり上司と部下の関係を含めて社内の風通しですとかコミニュケーションが必要十分に出来ていれば、最初から告げ口なんてのは発生しないんですから、やっぱりこの手の問題は告げ口する本人の問題ですとか、される社員の問題じゃなくて組織の上に立つ上司の能力が関係するんですね。